CHANT(チャント) 日本代表

【速報】日本代表×ギリシャ、スコアレスドロー【W杯】

2014/06/20 10:27配信

CHANT編集部

カテゴリ:マッチレポート

 

日本代表はブラジルW杯第2戦、ギリシャとの戦いに臨み0-0 スコアレスドローという結果となった。

第1戦は敗戦という結果となった日本は、残り2戦を絶対に勝たなくてはいけない状況で臨んだ試合だったものの、終始試合を握りながらも1点が遠く、最後まで攻め続けながらも得点できずに試合終了を迎えてしまった。
ギリシャは退場者一人を出してしまったため、後半途中からドロー狙いの試合を展開。
それに日本が沿ってしまった悔しい結果となってしまった。


日本代表スターティングメンバー

GK 川島永嗣

DF 内田篤人
今野泰幸
  吉田麻也
長友佑都

MF 山口蛍
  長谷部誠
本田圭佑
岡崎慎司
大久保嘉人

FW 大迫勇也


●得点を取っておきたかった前半

前半序盤から積極的にゴールを目指した日本は山口蛍のファーストシュートを皮切りに相手ゴールを果敢に狙った。
前半長谷部と山口としたことで、長谷部がバランサーの役割をし、山口蛍が積極的に前へ出る場面も見られ、攻撃に厚みが出た。
サイドを使い、中央からも崩すための効果的なダイレクトプレーが多く、ギリシャのサッカーを封じ込めた。
ギリシャは前半に退場者を出したこと、そしてケガによるアクシデントで2枚目の交代もしなくてはならなかったことでバタバタしていた。
その時間帯に得点を取っておくことで試合はラクになったかもしれないが、得点をすることはできなかった。

●後半からの攻撃型サッカー

後半から前半しっかりとしたバランスを取り、かき回す役割をこなした長谷部に交代し遠藤を投入。
遠藤を投入したことにより、山口が後ろでバランサーとなり、遠藤が積極t系に攻撃参加。
後半途中からはこの日スタメンから外された香川のアタッカーとしての役割を期待し、投入。

後半に入るとギリシャがドロー狙いのサッカーを展開。
ギリシャは相当疲れていたこともあり、カウンター一本の短調なサッカーに。
そこに日本らしいサッカーで崩したかったものの、高いギリシャの前にハイクロスを入れるなど疑問が出るサッカーをしてしまうことに。
しかし、それでも全員がしっかりと走り、果敢にゴールを狙った。
ここで気になるのは決定的場面がいくつあったかということだ。
前半からポゼッション率は70%近い数字を出し、日本代表は終始ボールをまわせる状況にあったが、ギリシャのディフェンスの前に出しどころがなくサイドに振り、高いクロスを上げるという場面が目立った。
それでもこじ開けようとミドルを打ったり裏にしようとする場面も見られたが速いボール回しで崩すようなサッカーをあまり見られなかった。

●なぜ岡崎を1トップに置いたのか

岡崎はドイツでは前のポジションであることが多く、得点を重ねてきたのだが、ザッケローニ監督の指揮の中ではかなりめずらしい形態となった。
もしかすると対ギリシャ用としてオプションで練習をしていたのかもしれないが、かなり即席といった感は否めなかった。
大久保を1トップに置くのではなく、香川を入れて岡崎をトップに置くことは、大久保をフリーマンにしたかったという意図もあるのかもしれないが…。

交代枠を1つ残し、吉田麻也をトップ付近まで上げたパワープレーをするなどザッケローニ監督の指揮が取られたが、結果が出ることはなかった。

交代枠を残した理由は、攻撃しているペースを崩したくなかったのではないかと思われる。
ザッケローニ監督はジョーカーのような選出はしなかったが、まさかのジョーカーが岡崎1トップ、そして吉田のパワープレーという選択肢だったのだろうか。


●まだ終わっていない。戦いは3戦目へ。

この試合に引き分けたことでかなり先は厳しくなった。
しかし、まだ戦いが終わったわけではなく可能性が少しでも残っている限り全力で戦うことが要求される。
グループリーグ最後の相手は世界ランキング5位の強敵コロンビア。
とにかく全力で出し切った!という試合にしてほしいと願う。

誰が出ても日本代表。
23人の選手たちで戦っているからこそ、誰を出せだとか、誰がいらないだとかそんな下底辺な応援ではなく
全力で応援しよう。

一丸となるのは選手たちだけでなく、応援側も同じこと。
信じられなくなった時。それはもう終わりということ。

かなり厳しい戦いになることは見えているが、決勝トーナメントに行くことが宿命ではなく私は全力を尽くす日本代表が見たい。
日本代表が残すものはなにか。
やり切った!という試合にしてほしいと思う。


もちろんあきらめたわけではない。
サッカーを観てきていろんな奇跡を見てきた。
そういう奇跡を起こせるのも強さのひとつだと知っている。

日本代表4年間の集大成のピークを6/25に。


日本代表×ギリシャ
0-0
スコアレスドロー


次戦まであと5日。戦いはもう始まっている。


 

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる