CHANT(チャント)

本当に気になる!ワールドカップ出場32ヵ国のユニフォームサプライヤー やはりあの2強!

2018/07/27 19:35配信

スズキ ケイコ

カテゴリ:まとめ

ワールドカップはフランスの優勝で幕を閉じ、
熱戦が続いた1ヶ月を終えました。
日本代表の躍進もあり、ロシア大会は非常に日本国内で盛り上がったなという印象を持っていますが、
みなさんも、連日寝不足になったのではないでしょうか(^^♪

フランスが史上2度目の優勝を果たしましたが、
フランス代表といえば、トリコロールカラーということもありアディダスのイメージが強かったのですが、
ユニフォームはナイキ。
調べてみると2011年にはナイキにサプライヤーが変更されていました。

1972年から38年、アディダスがオフィシャルパートナーを務めてきましたが、
2011年からはナイキに。
そこで、ワールドカップに出場していたチームのサプライヤーが気になったので調べてみました!

・出場32ヵ国のユニフォームサプライヤーは?最多はアディダス

毎大会、気になるユニフォームサプライヤーですが
日本代表はみなさんご存じの通り、アディダスです。

32ヵ国のユニフォームメーカーを調べてみたところ

アディダスが12ヵ国

モロッコ・エジプト・イラン・日本・ベルギー・スペイン・ロシア・アルゼンチン
メキシコ・コロンビア・スウェーデン・ドイツ

ナイキが10ヵ国

オーストラリア・サウジアラビア・韓国・ナイジェリア・イングランド・ポルトガル・
ポーランド・クロアチア・フランス・ブラジル

プーマが4ヵ国

ウルグアイ・スイス・セネガル・セルビア

ニューバランスが2ヵ国

パナマ・コスタリカ

アンブロが1ヵ国

ペルー

ヒュンメルが1ヵ国

デンマーク

エレアが1ヵ国

アイスランド

ウールシュポルト1ヵ国

チェニジア

合計 32ヵ国

アディダスとナイキがやはり多いですね。
選手たちが履いているスパイクをみてもナイキとアディダスが多いのがわかります。

結果別で見てみると
優勝のフランスがナイキ
2位のクロアチアもナイキ

3位のベルギーはアディダス
4位イングランドはナイキ

ベスト8の
開催国ロシアはアディダス
スウェーデンもアディダス
ウルグアイはプーマ
ブラジルはナイキ

と、ベスト8以上はほぼナイキとアディダスのチーム。
それ以外はウルグアイのプーマのみ。

ベスト16となると
ポルトガルがナイキ
アルゼンチンがアディダス
メキシコもアディダス
日本もアディダス
スペインもアディダス
デンマークはヒュンメル
スイスはプーマ
コロンビアはアディダス

と、なっていました。

・次回大会までにナイキとアディダスの競争はさらに激化するか?

日本代表のアディダスとの契約は2014年に再度結ばれ8年契約と報道されましたから
2022年まではアディダスがサプライヤーなのは間違いありません。
と、いうことは東京五輪含め次のワールドカップもアディダスということになります。

長年のサプライヤーを変更する国も今では珍しいことではなくなりました。
今回のフランスもそうですが、イングランドも長年アンブロがサプライヤーをしていましたが、
アンブロをナイキが買収し、イングランド代表をナイキ契約に、その後ナイキはアンブロと再び別々となったことは有名ですよね。

イングランド代表のサプライヤーとなるための買収だったのではと多くの報道がされました。

ナイキとアディダスを中心としたメーカーの競合はどんどん熾烈になり
選手契約と共に各国のサプライヤーを多く獲得しようと変化を続けるでしょう。

みなさんは、ご贔屓のメーカーってありますか??
やはり応援しているチームのメーカーのものを購入しようという意識をお持ちの方が多いと思います。
私は、昔からナイキがかっこいい!派なので、ナイキのものが多いです♪

個人的には最近サッカーに力を入れているニューバランスの今後の動向が気になるところです。
日本人選手の中でもニューバランスのスパイクを履く選手増えてきていますよね!

では、また♪

 

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる