明かなシミュレーションは、後から罰せられるべきでは?

トムソンボーヤ 2015年3月23日 00:39

ヴィッセル神戸vsFC東京の試合で、渡邉千真が明らかなシミュレーションによってPKを獲得しました。

現場で逃してしまった審判を問題にするのは別として、こういった明らかな卑劣なプレーは、あとからビデオ判定で警告なり罰金なりを科すべきではないでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=SkzUmbavPz0
(1:50頃)


みなさんのご意見を伺えたらと思います。

事後で罰則を科すべき。 VS 科すべきではない。

この議題に投票・コメントする

評価の高いコメント

事後で罰則を科すべき。

ビデオ判定が導入されたら考えるべきでしょうね。
装置のあるところでは、事後罰則を科して、無い所は判定不能なので科さない、では余りに不公平ですからね。精神論としては、もちろん選手は最後まで立ってプレーすべきですが、ペナの中で倒れると即、笛という審判も問題だと思います。シミュレーションは非紳士的行為ですが、それを見逃してPKを与えてしまった審判にも、それなりの罰則というか、減点を科し、やった選手と与えた審判を両成敗の形にする必要があると思います。

ユッキー8番  Good!!3 イエローカード0 2015/03/23|13:36

科すべきではない。

基本は試合中の裁定を尊重すべき。
今回のシミュレーションはともかく、宇佐美のゴールラインの割った判断、鹿島ー清水のゴール判断、清水の選手のハンドなどは試合後に裁定を変更すべきじゃないと思う。
前者二つは選手に過失はないし、ハンドだって主審が故意で手を使ったと判断しなければハンドではない。繰り返しになるけど手に当たったのが事実でも反則ではない。
これらを考えると事後に判断できるのは明らかに接触のない場合の判定になる。つまり、事後に罰則を科せるケースは少ないなら、わざわざそんなルール変更は不要だと思うな。

名無しさん  Good!!2 イエローカード0 2015/03/24|02:30

事後で罰則を科すべき。

ハンドが故意だったかとかはビデオではわからないけど、シミュレーションに限っては「当たってないのに倒れた」というのは明らかに判断できるしいいんじゃない。
抑止効果、という意味で。

名無しさん  Good!!2 イエローカード1 2015/03/24|11:57

事後で罰則を科すべき。

確かに合理的。

名無しさん  Good!!1 イエローカード0 2015/03/23|07:27

事後で罰則を科すべき。

醜いプレー。明らかな誤審。
その場で裁けないのなら後から処分出来るようにすべき。
審判の見ていないところでの悪質なファウルや誤審に対する抗議で受けたイエローの取り消しなども同じく。

名無しさん  Good!!1 イエローカード0 2015/03/23|10:21

事後で罰則を科すべき。

抑制効果

名無しさん  Good!!1 イエローカード0 2015/03/23|21:40

事後で罰則を科すべき。

サッカー選手として恥ずべきプレイです!

du  Good!!1 イエローカード0 2015/03/24|12:06

科すべきではない。

正直それをやりだしたらきりがない

名無しさん  Good!!0 イエローカード0 2015/03/23|10:36

科すべきではない。

誤審や、他人を欺くプレー……それも含めてサッカー。
もちろん正しい事は正しいのだけれど、綺麗事ばかりが幅を利かせて、全てが正義の名の元に処理されると、サッカーは詰まらなくなるよ

名無しさん  Good!!0 イエローカード1 2015/03/24|16:41

科すべきではない。

確かに映像ではシミュレーションに見えるが、もしかすると本当にバランスを崩したのかもしれない。事後の罰則では、やったやらないの水掛け論になる。やはりサッカーは審判のその場の判定で終了すべき。
ただ今後は要注意人物として、審判団に目をつけられると思う。

名無しさん  Good!!0 イエローカード0 2015/03/26|15:52

すべての意見を読む

どちらかの意見を選択して下さい