CHANT(チャント) 北海道コンサドーレ札幌

■赤黒日記■ リーグ再開まであと1週間!長かったW杯中断期間が明ける直前。挑む天皇杯。

2018/07/10 13:56配信

東雲夜雀

カテゴリ:日記

こんにちは。
■赤黒日記■です。

長いなぁと思っていたW杯中断期も気づけば、もう少しで明けます。
こんなにも長い中断期はなかなかないので、次の試合までが本当に長い!と思っていましたが、
明日には天皇杯ですね。

中断期間は、我が北海道コンサドーレ札幌はキャンプには行かずに
札幌で2部練習をしていました。注目されていたJとの練習試合は鹿島アントラーズの本拠地に出向いての試合となりました。

結果としては負けてしまいましたが、蒸し暑い関東での試合は良い経験になったのではないでしょうか。

明日、天皇杯が行われますが
大雨の影響も大きかったであろう福岡でのアビスパ福岡戦です。

天皇杯といえども、J1で戦うコンサドーレにとってはリーグ再開1週間前という
絶妙なタイミングでの試合ですから、リーグ再開に向けたプランを持った試合にしてほしいところです。

福岡は今季もJ2でJ1昇格を目指す位置にいますが、リーグ戦の合間となる天皇杯をどのようなメンバーで戦うか。
先週行われるはずだった試合は、大雨の影響で中止となったので、分析としては読みづらいといえるかもしれませんね。

夏を制するものは、といわれるほどにJリーグを戦う上で大事な時期を迎えます。
どうしても、北国クラブであるコンサドーレは暑さ対策の部分で難しいものがありますが
いかに選手たちの疲労を少しでも少なくリーグを戦えるかがカギとなるかなと思います。

比較的、7月8月はホーム開催が多く
8月になるとやっと札幌ドーム開催の試合が戻ってきますから、コンサドーレとしては今年の夏は戦いやすいのではないかなと感じています。

まずは7月18日の水曜日から再開されるJリーグ 厚別ナイター試合の川崎フロンターレ戦に
勝利を飾りたいところです。
そのすぐ後、中3日で再び厚別ナイターでジュビロ磐田戦もあるのですが、
同じ会場で同じ時間で試合ができるというホーム利点、短い集中した開催でどちらもホームで戦えることという利点は大きいかなと思います。

厚別の芝の具合や、硬さなど気になる点はありますが夏のナイターなど厚別特有の風も少なく
良い環境の中でやれるのではないかと思います。

アウェー試合では夜開催とはいえ、梅雨が明けた本格的な熱帯夜の中で行われる試合が待っていることでしょう。
使う体力も大切ですが、回復する体力も必要となる時期を迎えますから、
コンディション維持の部分でスタッフの方々にも頑張っていただきたいです。

この長い中断期に、ミシャ監督がチームにさらに深く落とし込んだであろうサッカーを
早く観たい!と願う毎日です。

W杯も良いですが、やっぱりJリーグが観たい!ですね。

読んでいただき、ありがとうございます。


 

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる