CHANT(チャント)

トーレス?イエニスタ?実現してほしい!Jリーグに世界的なビッグネームが増える日

2018/05/08 08:27配信

サカログ花子

カテゴリ:コラム


昨日今日と連日大物プレーヤーの獲得か!?とう話が浮上していますね。

昨日はサガン鳥栖がフェルナンド・トーレス選手獲得に動いているという話。
これは日本の報道機関も報じているので、動いているのは間違いない状態ではないかと思います。

報道によりますと、年棒5億円以上を用意しておりアメリカのMSLのクラブと鳥栖の
2本に絞り込んでいるのではないかという報道がされていました。

フェルナンド・トーレス選手は若き頃から非常に活躍した選手です。
世代別代表からスペイン代表に選出され活躍し、19歳でスペイン代表に選出。
すでにその活躍は日本にも伝えられており、強烈に当時のことを覚えています。

現在、34歳となったトーレス選手ですが、世界的な知名度はまだまだ高く
実現するとJリーグで世界的なビッグネームがプレーすることになります。

非常にかっこいい選手で、魅力はやはりゴール。
サガン鳥栖は大物外国人や監督に手を挙げるという報道が近年多かったですが
是非トーレス選手の獲得を実現してほしいです。

そして今日の朝飛び込んできたのは、ヴィッセル神戸にイエニスタ選手が!?
という話題。

FCバルセロナを退団するイエニスタ選手の今後の動向は非常に注目されています。
中国のクラブに移籍するのではないかと言われていましたが、渦中にあった中国のクラブからは
イエニスタの獲得はないと声明が発表されました。

そして日本のヴィッセル神戸と3年契約するのではという報道がスペインの複数媒体で報道されたということです。
まだ日本国内の報道機関からはありませんが、ポドルスキ選手に続きイエニスタ選手も獲得となると
ヴィッセル神戸はすごいですね。夢がある!

ポドルスキ選手の時もあまりのビッグネームにまた報道だけで実現はせずに終わるのでは…と
感じていた方も多かったはず。
それが本当に実現して現在Jリーグでポドルスキ選手がプレーしているという。
大物外国人を獲得するにあたって否定的な方もいますが、絶対的に影響は大きいはずです。
収入面だけでなく、チームに与える影響が大きいからです。
世界をチームで感じることができることは貴重。Jリーグ初期はそうやって日本のサッカーはどんどん強くなっていきましたし、
現在中国のチームがアジアで代表するチームが多いのは、強力な外国人たちが
プレーし、世界レベルを周囲に影響させていることが要因です。

Jリーグはいつからか大きなお金が動きづらくなり、外国人もJリーグに慣れている外国人を使いまわすようになりましたが、
もっと影響力の大きい学ぶべきところが多いスター選手たちから世界を知ることも大切なことだと思います。

イニエスタ選手がクラブW杯で魅せたファンタジスタ感はまだ記憶に新しいですよね。
スペインを代表するとんでもない技術と質を持った選手です。
もしイニエスタ選手が本当にヴィッセル神戸に…となるとイエニスタ選手とポドルスキ選手の競演が観れるんですよ。

考えただけでなんて贅沢なんだ!とワクワクしますね。

中国のリーグへいくと報じられたときの年棒がなんと32億円。
今回の報道ではそれ以上を神戸が出すと報じられているようですが、そうなると当然Jリーグ最高額。
でも現実的ではない気がしますが…それでも高額であることは確か。

FCバルセロナの胸スポンサーを務める楽天。
イエニスタのルートを持っていてもなんらおかしくはないですし、
実現となるとまたひとつJリーグの歴史に刻まれることになり、さらには日本サッカーの発展となることは間違いないですね。

そしてなにより、日本でサッカーをしていて、将来サッカー選手になりたいと
目指している子供たちにとってスタープレーヤーがJリーグでプレーすることは
すごく良い影響を生むことになるでしょうね。

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる