CHANT(チャント)

今年は雪の多い冬。雪国地域でのJリーグ開催は多くの人の力が結集して準備される。

2018/02/14 13:32配信

サカログ花子

カテゴリ:コラム


今年はとても寒いと感じませんか?
現在Jリーグクラブのキャンプが多く行われている九州地方でも今季は多く雪が降っており、
あたたかい場所でのキャンプという理由での九州でのキャンプのはずが…という状況です。

例年よりも大雪が降っている地域も多く、連日のように大雪による交通障害等のニュースが報道されていますよね。

Jリーグ開幕まであと10日。
雪国クラブの開幕は少し遅めに設定されてはいますが、現在の雪の状況はいつも以上に厳しいという地域も
あるようです。
毎年、サポーターによる除雪作業によってホーム開幕を迎えることができるスタジアムも多いですが
今年はより積雪が多いことによって大変な作業となるかもしれませんね。

サッカーが行われるピッチはもちろん、観客席も多くの雪で覆われるため
スタジアムのすべてを除雪しなくてはなりません。
本当に大変な作業だと思います。

・アルビレックス新潟の除雪作業

アルビレックス新潟のホーム開幕試合は、3月3日。
松本山雅戦となっています。

新潟県も今季大雪が降り、連日ニュース等で新潟県の様子が伝えられていますが、
ビッグスワンのある新潟県新潟市は新潟県の中でも降雪量が少ない地域ですが
今年は積雪量が多く、現在もビッグスワンは多くの雪が。

先日アルビレックス新潟が、デンカビッグスワンスタジアムの除雪ボランティアを呼びかけるリリースを
出していました。
その中で、まだ50センチ以上の積雪があると伝えられ、今週末18日(日曜日)の9:30から除雪が行われるとのことです。

規模の大きなスタジアムですから、ピッチやピッチ周辺、そして観客席と広い面積の除雪作業が必要となることでしょう。
ビッグスワンは屋根がしっかりとあるスタジアムですから座席スタンドはそこまで多くの雪ではないかもしれませんが、
それでも大変な作業ですね。

チームの帰りを待つ多くのサポーターの方々の今季への期待を込めた除雪作業によって、ホーム開幕までの準備を行うことができる。
雪国ならではの協力です。

・モンテディオ山形の除雪作業

日本で今一番積雪量が多いとされる山形県。
例年では、青森県や北海道といった地域が世界的にみても最大クラスに積雪量が多い地域なのですが、
今年は山形県の積雪量が多くなっています。

山形県の中でも山形市やモンテディオ山形のホームスタジアムであるNDソフトスタジアム山形がある天童市は
雪の少ない地域とされていますが、今年は積雪がやはり多いようです。
スタジアムも観客席も含め、多くの積雪がある状況であり、数日間に分けられた除雪作業日が設定され、
除雪のお願いをリリースされています。

2月24日(土)、25日(日)
3月3日(土)、4日(日)
3月10日(土)、11日(日)

10時からの午前の部と、13時からの午後の部にわけられており、アウェーゲームのある日の午後は除雪作業は行わないというスケジュールで
行われるそうです。

この除雪作業には協賛する会社様から除雪作業に参加したサポーターに進呈品が贈られ、
ドリンク提供や入浴券提供など…寒い中で作業した後は喉を潤して、あたたかいお風呂に入ってくださいという
感謝を込めたあたたかい提供も。


少しつづ開幕が早まり、雪国では開幕に足踏みをそろえることが難しく
アウェー連戦続きになったり、開幕してからもキャンプ地で練習を行ったりと
雪国という環境によって過酷な状況が続くチームも多く在ります。
今年は特に雪が多かったり、寒さが強く気温が低いといった状況が続いていますので、
例年以上にJリーグ開催に向けて難しい状況の中、準備が進められていくシーズンとなると思います。

 

 

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる