CHANT(チャント) 柏レイソル

本日ACLプレーオフ 柏から世界へ!今季公式戦初戦!

2018/01/30 11:19配信

サカログ花子

カテゴリ:コラム


本日、ACLプレーオフが行われます。
日本の第4代表である柏レイソルは、タイのムアントン・ユナイテッドと対戦。

ムアントンは大きく戦力に変更があるものの、昨季はタイ勢として初となるACLラウンド16に進出。
日本で活躍するタイの英雄チャナティップや、今季からサンフレッチェ広島に加入したティーラシン、ヴィッセル神戸に加入した
ティーラトンなどムアントンでプレーしていた選手が多く、タイ代表の選手も多く在籍するチームです。

対する柏レイソルは、Jリーグで昨季は4位。
リーグ3位までがACL出場圏内ですが、リーグ戦3位のセレッソ大阪が天皇杯で優勝したため
ACL出場権が1つ繰り下がり、柏レイソルが掲げる『柏から世界へ』の第一歩を歩み進める機会を得ました。

柏レイソルとムアントン。
勝者がACL本戦に進むことが決定します。
本日行われる試合で、一発勝負ということになります。

日立台での開催は、ACL規定のスタジアム基準的にどうなるのかと心配されましたが、
日立台での開催が決定。
ゴール裏の1階席は立ち見席となるため、基準外となるため観客は立ち見席には入れず、
ゴール裏2階席やバックスタンドなどから声援を送ることとなります。

柏のホームスタジアムは、黄色に染まりゴールからすぐ後ろにサポーターが声を出し、という
ピッチから観客席までの近さがひとつの魅力ですが、ゴール裏は立ち見席であることで封鎖。
それでも柏レイソルの黄色く染まり距離感近い応援は、『柏から世界へ』を掲げ本日も熱く伝えられることでしょう。

ACL本戦出場となれば、柏レイソルは3年ぶりとなります。

今季の柏の目玉はなんといっても大宮アルディージャから移籍した江坂任選手でしょう。
10番を背負うことが発表され、攻撃の鍵を握る選手になることは間違いありません。
そして柏レイソルのサッカーを成り立たせるに絶対に必要なクリスティアーノ選手。
クリスティアーノ選手は日本でプレーする助っ人外国人の中でも、非常に献身的に動き自分のゴールだけでなく、攻撃の全体を動かす力のある選手です。
ディフェンスにも頑張りますし、緩急をつけることができる選手。
江坂選手とのコンビネーションで今年どんなサッカーをみせてくれるのか楽しみです。

そして柏といえば、若き守備陣にも期待がかかります。
日本を代表する選手たちになるであろう、GK中村航輔選手、昨季Jリーグのベストヤングプレーヤー賞を受賞したDF中山雄太選手。
DF中谷進之介選手など、なかなか世代交代が進まない日本の守備陣の中で若き頃から経験を積み続ける選手たちが
アジアという舞台でどんな戦いを経験するのか気になります。

柏レイソルは、天皇杯準決勝までを戦い短いオフを経て、始動。
早い時期からキャンプに入り、この日までの調整を急ピッチで行ってきたと思います。
『柏から世界へ』に向けて掴まなければならない、決戦です。


ACLプレーオフ
1月30日 19時キックオフ
柏レイソルvsムアントン・ユナイテッド

 

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる