CHANT(チャント)

2018年戌年!年男を迎えたサッカー選手たち!

2018/01/04 19:17配信

サカログ花子

カテゴリ:まとめ


2018年、ワールドカップイヤーを迎えましたが
今年の干支は戌。
サッカー界での年男たちを調べてみました!

◆ベテラン選手としての存在感 1982年生まれの選手たち

1982年の戌年生まれの選手は今年、36歳を迎えます。
ベテラン選手といえる年齢で、Jリーグでは数少なくなってきている年代といえます。

この世代の代表選手といえば、大久保嘉人選手です。

昨季移籍を決めてFC東京に加入しましたが、一年で川崎フロンターレへの完全移籍が発表されましたね。
川崎での大久保選手はこれまで大久保選手が築いてきた活躍以上の活躍でしたから、
年男となった今年、さらなる飛躍の年となるかもしれませんね!

その他、田中達也選手(アルビレックス新潟)も1982年生まれです。
この二人は高校サッカー選手権から話題の選手でしたよね。

現在はJリーグでプレーされていませんが、岩政選手も1982年生まれです。

◆今後日本サッカーを背負う 1994年生まれの選手たち

今年で24歳を迎える選手たちです。
プロとして中堅の一番良い時期を迎える頃といえるでしょう。

まずは南野拓実選手。
早くから海外に出てオーストリアでプレーする南野拓実選手。
この世代では一番海外で活躍し、成功しているプレーヤーです。
セレッソ大阪でユースから昇格し、メキメキとその頭角を現していった頃から
とにかくハングリー精神が強く、もっと俺に!といったような強いメンタルを持って挑める選手という印象があります。
今年24歳。今年も期待です!

そして浅野拓磨選手。海外でプレーしていますが、日本を代表するスピードスター。
今年はW杯もありますし、日本代表選手としての活躍が期待されます。

鹿島アントラーズの植田直通選手も年男です。
オーラのある熱血系DFは見ていて気持ちも良いですし、根性が伝わってきて良いですよね!

浦和レッズに移籍が決まった岩波拓也選手、柏レイソルの小さな巨人 中川寛斗選手、
FC東京からポルトガル一部のチームへと移籍した中島翔也選手、ガンバ大阪から日本代表選出も増えた三浦弦太選手、
五輪代表で存在感を放った室谷成選手など、1994年生まれはいまの日本サッカー界において
中心といっても良いべき世代かもしれませんね。

年男の今年、より一層の活躍を期待しています!!

Good!!(0%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる