CHANT(チャント) 日本代表

【日本代表】オーストラリアに完勝!W杯の舞台へ

2017/09/01 19:07配信

武蔵

カテゴリ:コラム

8月31日、W杯行きを懸けた戦いに挑んだサッカー日本代表は、ホームで難敵・オーストラリアを2-0で下し、見事自らの手でW杯への切符を手に入れた。

初戦のUAE戦に敗れたときはどうなることかと思ったものだが、とりあえずはこれで一安心。サポーターとしては気楽な気持ちで次のサウジアラビア戦に臨めそうだ。

今回のオーストラリア戦、ハリルJAPANを通じてのベストゲームと言ってもいい出来だったと個人的には思っている。

本田や香川といったこれまで日本代表を支えてきた選手をベンチに置きながらも、

それぞれの選手がピッチ上でハリルホジッチ監督の意志・戦略を忠実に体現。今まで勝つことができなかったオーストラリアを見事に打ち破ってみせた。

そんなオーストラリア戦のポイントを振り返ってみよう。

徹底したハイプレスからのショートカウンター

勝因としては日本代表のハイプレスがハマったことが大きい。

この日、ハリルホジッチ監督は中盤に山口・長谷部・井手口といったボックス・トゥ・ボックスで戦える選手を3人並べた。

柴崎や香川のような足元のテクニックに秀でる選手がいない分、繋ぎの部分では拙さが見えるシーンもあったが、

結果的にこの守備的な布陣が功を奏した。まず前線の浅野・大迫・乾の3人が相手のバックラインに対して徹底的にプレッシャーをかけ続け、

パスコースを限定。それに中盤やバックラインの選手たちが連動して動き、

ミドルサードの位置で縦パスをカットするシーンが1試合を通して何度も見られた。これによって、オーストラリアの攻撃を封じつつ、

ショートカウンターで相手を押し込むことができたのだ。

特に浅野・乾の両ウイングに関しては後半途中交代するまで長距離のアップダウンを幾度も繰り返しており、

攻撃面だけでなく守備面での貢献も計り知れない。

そうしたチーム全体での組織的なハイプレスが見事にハマっていたことがオーストラリアにほとんどチャンスを作らせなかった要因だろう。

また、大迫の存在も忘れてはいけない。今や日本代表の攻撃の軸となった大迫だが、

この試合でも彼のキープ力なしではもっと苦戦を強いられたはずだ。中盤でボールを奪い、とりあえず大迫にくさびを入れる。

これが今の日本代表の生命線であるのは間違いない。ぜひとも大迫にはW杯までに大きな怪我もなく過ごしてもらいたいものだ。

“らしくない”試合運び

また、良い意味で“日本代表らしくない”試合運びを見せてくれた。

これまでの日本代表は、ボールをキープしながら相手ゴールに迫るも、なかなかゴールを奪えないまま、

逆に失点を許してしまうといったような展開が多かった。しかし、今日の日本代表は一味違う。

自分たちがボールを支配してる時間帯にしっかりと浅野がゴールを奪うと、その後もハイプレスを基盤に相手に主導権を握らせない。

後半25分あたりからはやや運動量が落ち、相手にゴールを脅かされる場面もあったが、早め早めの交代で乾に代えて原口を投入。

これにより、再び前からプレッシャーをかけることができ、試合の中でしっかりとチームを立て直すことができた。

そして、井手口が喉から手が出るほど欲しかった追加点をゲット。最後は岡崎・久保を投入し、最後までオーストラリアに隙を与えずに試合を締めた。

ここまで後手後手の采配を批判されることも多かったハリルホジッチ監督だったが、W杯進出を占うこの大一番で名将らしいマネージメントを見せてくれたと思う。

もちろん万事OKとは言わない。

人数をかけたゾーンでボールを奪いきれずにピンチを迎えるシーンや自陣のバイタルエリアでチェックが遅れるシーンなど、

「世界の強豪国相手だったら命取りじゃないの?」

と思う場面もあったのは事実だ。しかし、これからW杯までの約8ヶ月間でそうした細かい部分を修正していければ、

W杯の舞台で世界の強豪と渡り合うのも夢ではない。オーストラリア戦は、そんな風に思わせてくれるような試合だった。

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる