CHANT(チャント)

いよいよJチーム登場!これまでの天皇杯 記憶に残るジャイアントキリング

2017/06/20 21:13配信

サカログ花子

カテゴリ:まとめ

明日、天皇杯にJリーグ勢が登場します。

今年から本戦は4月から開催されるという大きな開催時期の変更がありました。
天皇杯といえば冬の大会という印象が強いですが、今季はJリーグチームが登場する時期が6月となりました。

リーグにルヴァンカップに天皇杯と進んでいくことになります。
決勝は元日。
優勝するとACL出場となります。

さて、天皇杯の魅力のひとつといえば、なんといってもジャイアントキリングですよね。
これまでの印象に残ったジャイアントキリングをまとめたいと思います。


・JFL Honda FCがベスト16に!(2016)

記憶に新しいのはFC Hondaです。
JFLで戦うFC Hondaは静岡県の代表を決める県予選を戦い、静岡県代表として出場しました。
1回戦ではJ2FC岐阜と対戦し、延長で下すと続く2回戦では松本山雅と対戦。2-1で勝利し、3回戦では同じくジャイアントキリングとしてJ1ベガルタ仙台を破った
J3グルージャ盛岡と対戦。こちらも2-1で下しベスト16まで進みました。
再度シャッフルした組み合わせでJ1FC東京と対戦し、惜敗。
このジャイアントキリングは昨季の天皇杯を盛り上げました。

・市立船橋 高校生ながらJを倒す!(2003)

強豪高校である市立船橋がジャイアントキリングを起こした戦いが記憶に残っている方も多いのではないでしょうか?
この年の3年生にはカレン・ロバートや増嶋がいて、高校サッカー界でも有名な世代でした。
超高校級の選手を揃えた話題の強豪高校はザスパ草津(当時)と対戦。
なんとJのクラブを撃破して2回戦へと進みます。
2回戦では阪南大学に勝利し、3回戦へ。横浜Fマリノスと対戦し、なんと2-2の同点のままPK戦まで進みます。
結果的にマリノスに負けてしまいましたが、かなりマリノスを苦しめた高校生たちの戦いは
多くの人々の記憶に残る名勝負となりました。

・FC今治がJ1を倒す!(2012)

当時はまだ岡田武史さんがオーナーにもなっていなかったころ。
FC愛媛しまなみから独立してFC今治になったばかりだったと記憶していますが、J1サンフレッチェ広島と対戦し
広島のミスから先制すると、途中追いつかれますが試合終了間際に再び得点を奪い2-1で勝利しました。
四国リーグで戦う地域リーグのチームがj1サンフレッチェ広島に勝利したことは大きな話題となりました。

・地域リーグで戦っていた松本山雅、浦和レッズをまさかの撃破!(2009)

この頃はまだ松本山雅は発展途上中で地域リーグで戦っていました。
その地域リーグで戦うチームのホームスタジアム・アルウィンにJリーグの人気チームが来るとあってチケットは完売。
追加販売も行われました。地域リーグのチームのスタジアムに超満員14000人以上が入ったこの試合で
松本山雅が2-0で勝利。この試合は松本山雅サポーター、そして浦和レッズサポーターの記憶にもハッキリと今でも残る試合となっています。
この試合の勝利とサッカーという共通点で一体となる感じが、松本山雅のルーツとなったといっても過言ではないのではないでしょうか。
ここから一気に松本山雅というチームの知名度が上がった気がします。

このように、多くのジャイアントキリングがあり、そのどれもが記憶に残るものとなっています。
今年の天皇杯ではどんなジャイアントキリングが起こるでしょうか。
楽しみです!

Good!!(62%) Bad!!(37%)

Hondaは2007年にベスト8入りありだし、山雅はJFLで1年足踏みで、その後吉澤解任。今の形は完全に反町体制。佐川のジャイキリスルーしているし、事実誤認あり過ぎ。

名無しさん  Good!!0 イエローカード0 2017/06/22|15:14 返信

2003年の時ザスパ草津は関東2部です。

名無しさん  Good!!2 イエローカード0 2017/06/21|15:57 返信

高校生がJ突破は凄かったな

赤い悪魔  Good!!0 イエローカード1 2017/06/21|08:30 返信

この記事も読んでみる