CHANT(チャント)

マルディーニがテニスプレーヤーに!?世界のスター選手 意外なその後の転身

2017/06/19 16:29配信

サカログ花子

カテゴリ:まとめ


世界のサッカーシーンでは、さまざまなスターが生まれサッカー界を盛り上げてくれるものです。
過去のスーパースターたちがいるからこそ、その選手たちを目指し新たなスターが生まれるといっても過言ではありませんよね。

名門と言われる歴史の一時代を築いたACミランに所属していた、元イタリア代表パオロ・マルディーニが49歳にして
プロテニスプレーヤーとなったことがニュースとなっていますね。

世界のACミランという時代。
ミラン一筋で25シーズン在籍したキャプテンであり、イタリアのレジェンドであったマルディーニ。
その姿は美しくも感じるほどに本当にかっこよかったですよね。

それにしても49歳で他の競技でさらにプロとしてデビューするということは、その歳になってもトレーニングを積んでいたということですね。
我らがキングこと、三浦知良選手はなんと今年50歳を迎えましたからね。
そう考えると我らがキングの方が驚愕なわけですが。

それでもマルディーニのニュースは興味深いものです。
世界のサッカー選手が引退後、どんな職種に転職したのか集めてみました!


◇「ウクライナの矢」アンドリー・シェフチェンコ

ウクライナの英雄であったシェフチェンコ。彼もACミランに所属していましたね。
世界的なストライカーでしたが、現役引退後はなんと政界へ。
絶対的な知名度を誇っていたこともあったのかもしれませんね。
しかし、政界へと進出したものの負けてしまい、その後はプロゴルファーになったとか。
バロンドールにも選ばれたスターはプロゴルファーになったんですね。


◇日韓W杯で大人気に!イルハン・マンスズ

イルハンはJリーグにとってとても馴染みのある選手ですね。
日韓W杯で一気に有名となったトルコ代表のスター選手でした。
ヴィッセル神戸にも一時期在籍しましたが、Jリーグでは思ったほど活躍はできずすぐに去ってしまった印象がありますね。
そんなイルハンですが、繰り返す怪我となんと交通事故によって引退。
2007年の引退なので、日韓W杯からたった5年後のことでした。
しかし、その後なんとフィギュアスケーターとして活躍。
サッカーからスケートとは驚きですね。同じスポーツでも全然かけ離れてる気がしますが、やはりスポーツ選手だからなんでも吸収が早いのかもしれませんね。

◇アルゼンチンのエース ガブリエル・バティストゥータ

バティの名で知られたこちらも日韓W杯の時には、死のグループといわれた強豪ばかりのグループに入ったアルゼンチンのエースとして名を馳せた
バティストゥータは、中田英寿ともともにローマでプレーするなどイタリアでプレーしていましたよね。
引退後は、ポロのプロ選手として活躍しているとか。
ポロという競技は日本ではあまり耳にしませんが、世界で最も古い競技のひとつです。
サッカーコートの9倍もの広さがある競技場で1チーム4人で構成し、馬に乗ってマレットと呼ばれるスティックで多摩を打ちます。
球をゴールに入れるという、サッカーにかなり近い競技でもありますね。
日本でのプレーヤーは2.3人と言われているのに対し、アルゼンチンにはポロのプレーヤーは6000人以上いるといいます。
その中でプロ選手として活躍しているのですね。今度は馬に乗ってゴールを目指しているわけです。深い。


と、けっこう珍しい職に転身した方もいるのですね。

…マルディーニのテニス。
非常に似合いますね…。貴公子。的な。

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる