CHANT(チャント)

世界の各国サポーターはアルゼンチン対ボスニア・ヘルツェゴビナ戦をどう見ているか?-FIFAワールドカップ公式サイトから見えるモノ。

2014/06/17 00:44配信

おりんぴあ

カテゴリ:コラム

メッシの2大会ぶりのゴールが決まったFIFAワールドカップブラジル大会グループFのアルゼンチン対ボスニア・ヘルツェゴビナ戦。結果は御存知の通り2-1でアルゼンチンが大方の予想通り勝ちました。FIFA公式サイトには各国サポーターが書き込めるコメント欄があるのでまた抜粋して翻訳してみようと思います。原文は英語です。(カッコ内はサポーターの国籍)


意外なアルゼンチンに対する評価の厳しさとボスニア・ヘルツェゴビナの善戦に拍手


・ボスニア・ヘルツェゴビナはボールの扱いといいパスといいアルゼンチンよりとてもよかった。事故のような開始2分のオウンゴールにかなり顔をしかめてしまったけど、1-1の引き分けだったと思いたい。もしボスニア・ヘルツェゴビナがアルゼンチンのようにプレーすることを続けたなら、確実に決勝トーナメントに進めるだろうね。ボスニア・ヘルツェゴビナにとっては長い道のりだろうけど、スタープレーヤーもいるしそのことを世界に証明できるだろう。ガンバレ、ボスニア・ヘルツェゴビナ!(アメリカ)

・アルゼンチンのこのゲームの出来は、このチームのプレーヤーの質に比較してみると非常に残念だね。全くもってアグエロ、イグアイン、マスチェラーノの使い方を間違っているというアルゼンチンの戦術に自分は非常に驚いた。メッシは確かに良いプレーヤーだ。それは疑いないよ。でもこのチームがこの種の中盤のビルドアップをするならば、真の強敵と試合したら決勝トーナメントの試合で簡単にタックルを喰らうだろうね(パキスタン)

・アルゼンチンは運がよかったね。ボスニア・ヘルツェゴビナは内容で勝っていたし、ポゼッションがよかった(アメリカ)
・激しく同意(アメリカ)

・予想するにこのパフォーマンスだとボスニア・ヘルツェゴビナとナイジェリアがこのグループで最後の椅子をかけて戦うことになりそうだね(ウクライナ)

・アルゼンチンとメッシの出来に再び愕然としてしまったよ。この試合は1-1が妥当だと思っている。というのはボスニア・ヘルツェゴビナが不運にも前半開始2分でオウンゴールを許してしまったから。恐らくこのワールドカップで最も簡単なグループの一つにすでに入ってしまった強いチームにとっては大きな贈り物のようなものだったね。多分、アルゼンチン人は「アルゼンチン、お前らの終わりが来たぞ」とポルトガル語で何千というブラジル人が歌うプレッシャーに悩まされるだろうね(ドイツ)


期待が大きければ評価も厳しい


日本のメディアはメッシのゴールを取り上げて「メッシ&アルゼンチン、マンセーヽ(^o^)丿」という報道がほとんどですが、このFIFAのサイトの各国サポーターの声をこうやって拾ってみるとかなりアルゼンチンに対して厳しい評価をしていますね。
逆にボスニア・ヘルツェゴビナに「よくやった」という声が多かったです。ここでも紹介した通りあの開始2分のオウンゴールがなかったらあの試合はわからなかったという意見が散見されました。

やはりアルゼンチンに対してはみんな期待が大きい分、それだけ評価も厳しくなるのかもしれませんね。

 

http://www.fifa.com/worldcup/matches/round=255931/match=300186477/index.html#comments

Good!!(0%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる