CHANT(チャント) 日本代表

【コートジボワール戦】日本代表が犯した、致命的な「2つのミス」

2014/06/15 14:06配信

ketrketr

カテゴリ:マッチレポート

スコア以上の完敗

初戦の結果が「1-2」の逆転負けに終わり、勝ち点を逃した日本代表。

しかしシュートの数・ポゼッション率から見てもわかる通り、コートジボワールはあと1・2点取ってもおかしくない内容であった。一方の日本はほとんど決定的な場面を作ることもなく、最後は可能性の低いハイボールに頼る、という情けない戦いぶり。「日本らしいスタイル」を求めて豊田・ハーフナーといった長身選手を外しておきながら、最後はそれ以外に攻め手がないという皮肉的な試合であった。

あくまで個人的な視点であるが、この敗因を振り返っておく。

「日本らしいスタイル」とは

キャプテンの長谷部を中心に再三メディアに取り上げられていた通り、今回の代表のテーマは「日本らしいスタイルで勝つ」というものであった。守備的な戦いで結果だけを求めた前回大会の反省から、次は自分たちのスタイルを表現する、という意思がこの4年間だったともいえる。

「日本らしいスタイル」の定義とは、

・ハイプレス/高い守備ラインをベースとした

→高い位置から攻めをスタートする、攻撃的なサッカー

→狭いスペースでもパスを繋ぎポゼッションを得る、能動的なサッカー

といえる。

このサッカーの実現に必要なのは、

1.90分のうちできるだけ長い時間プレスを続ける体力

2.狭いスペースでパスを繋ぐ技術力と連携

であるが、今回の試合ではこれらが発揮できない理由があった。

スタイルが発揮できなかった2つの理由

一つ目の理由は、フィジカル面でのあまりに大きな差である。

リーチがあり、あたり強さのあるコートジボワールの選手に対し、日本は一対一、時には一対二で対応してもボールを奪えない場面が何度かあった。結果として守備陣は精神的に後手に回り、物理的にプレスが弱まり、主導権を握られていった。

二つ目の理由は、戦術的な幅の無さである。

試合スタート時から明らかに前線の守備が緩かった日本。高温多湿な温度・雨で踏ん張りの利かない、ミスパスも増えるピッチの中で、1試合を戦いきるために体力温存の策に変えるのは悪い手ではない。ただし、それにしては4年間で積み上げた戦術の幅が、あまりにも狭すぎた。(そうするのであれば、メンバー選考も違う軸が考えられたはずだ。)

つまり、「日本らしいスタイル」と心中するには、対戦相手・環境への検証があまりに無く、博打的だったのが敗戦理由といえるのではないだろうか。

次戦以降の戦い方

試合終了後、私のフェイスブックには「今日は忘れて次に切り替えよう」「精一杯がんばった」「前を向こう」といった意見が溢れたが、個人的にはそうは思わない。本当に次戦以降で勝ちたいのであれば、メディアやサポーターも含めてしっかり反省点は指摘すべきである。

あれだけのテクニックがあるスペインですら、5バックからのカウンターに打ち負けてしまうのがサッカーである。
まずはこのスタイルを貫くのか、勝つためにスタイルを変えるのか、前者であれば(例え環境が整っていなくても)どういう形であれば実現できるかを、じっくり検証して欲しいと切に願う。

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる