CHANT(チャント) 日本代表

日本代表決勝T進出 賛否両論を生んだラスト10分 私は複雑ですがみなさんはどうですか。

2018/06/29 14:50配信

サカログ花子

カテゴリ:日記


ワールドカップ ロシア大会。
日本代表の運命の3戦目が行われました。

日本代表は勝ち点4で迎えた3戦目は、グループリーグ敗退が決まっていたポーランドとの対戦になりました。
結果は、みなさんがすでに知られている通り0-1での敗戦。
フェアプレーポイントでセネガルを上回り、決勝トーナメント進出を決めました。

賛否両論となっているのは、試合終盤の日本代表の試合運び。
同時刻開催となった同組のコロンビア×セネガルの試合が1-0でコロンビアがリードしている状態で
日本は1失点0-1の状況。

日本はセネガルと勝ち点、得失点差共に並ぶことになり
結果はフェアプレーポイントにゆだねられることに。

フェアプレーポイントでは、セネガルの警告の数よりも日本の警告の数が2枚分少なかったこともあり
有利でした。

 

セネガルがコロンビアに追いついてしまえば、セネガルが日本を上回り
日本がポーランドに追いつくことができれば、文句なしの決勝トーナメント進出を決めることができました。

逆に、日本がポーランドに2失点以上をしてしまったり
日本がイエローカードを2枚もらってしまったりすると決勝トーナメント行きは途絶えてしまう可能性が高くなります。

セネガルが2失点以上をすることも想定することもできるし、
セネガルが追いつく可能性もあるという難しい局面でした。

そこで、西野監督は動きます。

日本代表が、自ら1ゴールを決めるために戦うこと
そのリスクとして相手と接触してイエローカードをもらうかもしれないこと

は、やめて

コロンビアが1-0以上でセネガルに勝ち切るという想定が一番可能性が高いという決断をし
日本代表は、試合終了までポーランド相手に最終ラインでボールを回し続けました。

ポーランドは1得点を得てリードしているため、特にボールを追うこともなく
お互いの目的に対してのリスクがなかったため、ボールまわしだけをするという時間が進みました。

結果、セネガルはコロンビアに追いつくことはできず
日本代表がフェアプレーポイントによって、決勝トーナメント進出を決めました。


・当然出る賛否両論。これもfootball。だが、スッキリしない。

いろんな意見があります。
日本のメディア…といいますか、ワールドカップを盛り上げるテレビでは
ほとんどが肯定的意見です。

どんなことをしてでも決勝トーナメントに行くことが大事。
日本代表がこのグループで一番のボーナスステージだと言われていた前評判を覆したのだから
可能性が見いだせるところに懸けたことは賢明。
セネガルが追いつく可能性もある中で、その選択をしたのは英断。

などなど
いろんな意見があると思いますが、

では、失敗していたら…?

それでもその可能性に懸けたことを、仕方ないとするのでしょうか。

自分たちで1点を取りに行くことが大事だった。
あの場面だけではありません。
試合の最初から、1点を早々にとって守るようなゲーム運びをするべきだったのではと思うのです。
それから主力を休ませるのでも良かったのでは?

あの5分から10分の時間だけではなく、昨日の試合全体の運び方にも疑問があります。
選手を大幅に入れ替えたのは?
1戦目と2戦目よりもスケジュールはタイトで、ワールドカップという重き大会だけに選手たちの肉体的そして精神的疲れは
普段よりもあったことでしょう。
しかし、ターンオーバーで挑む3戦目。相手は消化試合モードといっても世界ランク8位のポーランドです。
試合内容をみても、ポーランドは100%のやる気ではなかったのはわかりました。
それでも、日本は選手を入れ替えて挑んだあの試合で、1戦目や2戦目のような感動を生むような
必死に走るサッカーをしたでしょうか。

守る!という試合でもなく、前から無理にはいかない。
選手間の距離感も1戦目や2戦目に比べると明らかに良くない。

セネガルとコロンビアの状況をみながらベンチでいろんな判断をしながらの90分だったのでしょう。
1失点し、そこから1点を取りに行くか、点を取りに行くということは失点リスクも増やすということだから
それはやめよう等、ひとつひとつ決断していったのだと思いますが…

そもそもこの試合の日本代表は、どこに焦点を持っていたのでしょうか。
点を取りにいくために積極的にいくわけでもなく、とにかく失点しないようにというガチガチの守備の試合でもない中で
アクシデントで岡崎選手が交代となり、大迫選手。
その後は、宇佐美選手に代えて乾選手。
攻撃的なカードを切った西野監督でしたが、最後は状況を伝えるためと後ろでボール回しをするための
長谷部選手という交代カードを切りました。

全員で戦っているとはいえ、
1戦目と2戦目で戦い勝ち点を積み重ねた選手たちの中には、この試合で負けてもし突破できなかった時に
日本代表の試合が最後となってしまうかもしれない選手もいたことでしょう。

日本は有利だったはずです。
ポーランドに負けても決勝トーナメントに行ける可能性も残し
引き分け以上で決勝トーナメントに行ける。
グループ1位になれる道もあり、運命の道は複数に伸びていたはずです。
その内の1つが、フェアプレーポイントという道でしたが、選択できる道の中で
その中では、一番通りたくはない道ではあったはずです。

なので、「不本意」という言葉がでたのでしょう。

ただ、可能性が「確実」ではなかった。
セネガルが試合終了までに1点入れてしまったら、そこで終わりだったんです。
日本の決勝トーナメント行きが消えてしまうことになってしまった。
自分たちで戦うことをやめて、相手の結果に運命を任せてしまうその選択も
1戦目、2戦目の結果があったからこそなのは理解できます。

でも、戦わないチームに 魅力は感じず、
結果オーライで、セネガルが負けてくれたから、ということに
なかなか受け入れられずにいます。

最後まで走って、自分たちで獲りにいってほしかったです。
ゴールを入れて勝利することだけがサッカーじゃないのはわかります。

でも、では勝利を目指すというのは、どんな意味を持つのでしょうか。
勝利を目指さなくてもいいサッカーが時にあるのなら。
勝利だけを目指すわけではないという教えがサッカーなのでしょうか。

と、いっても
確実に。日本が1-0までの負けならいけるという道なのだったら、きっとここまでモヤモヤはしなかったのでしょう。
セネガルが得点する可能性だってあったということに、自分たちが戦わず賭けになったというところがしっくりこないと言いますか。

個人が、そんなこといっても勝手にしろ、でしょうが。

日本代表の戦いとして、これまで応援してきた中で
一番複雑な試合だったことは間違いありません。

いろんな意見があると思います。
これがサッカーだという人もいると思いますが、

複雑です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

Good!!(44%) Bad!!(55%)

賛否両論出て当然の内容。
三戦全敗と予想する人が多い中で結果を出したことは評価するべきだし、戦術としてはあり得る手と思う。
ただ理想的ではないし、正直つまらなかった。

タツ  Good!!1 イエローカード0 2018/07/01|22:38 返信

日本人として恥ずかしい
ボロクソに
負けるように祈る

名無しさん  Good!!1 イエローカード0 2018/06/29|23:30 返信

この記事も読んでみる