CHANT(チャント) 日本代表

柴崎岳の「非凡」さが見えるのはパス、視野、チャンスメイクだけではない!世界が唸る日本の司令塔ココに在り。

2018/06/25 16:00配信

サカログ花子

カテゴリ:コラム


日本代表は、ワールドカップにて2戦目セネガル代表との試合を戦い
2-2でドロー。勝ち点1を積み4として、決勝トーナメント行きに繋げました。

非常に良い試合でしたね!
さまざまな点に日本代表の良さがあった試合だと思いますが、
なんといっても昨日の試合の…いやもう日本代表の中心であり、司令塔である
柴崎岳選手のポイントについて、まとめたいと思います。

誰がみてもの昨日の試合の活躍はもちろんですが、
コロンビア戦を観ても、柴崎最高!といっても良い活躍をしており、
存在感を放っています。

さまざまなメディア等で柴崎選手の評価を伝える点がわかりやすく解説されていますが、
あえてわかりづらいけれど、柴崎選手の評価されるべき素晴らしい「非凡」な部分を
まとめたいと思います。

・ワンステップで長い距離のボールを的確に正確に「蹴る」。

昨日の試合では何度も柴崎選手から中盤を飛ばした長いボールでの相手の裏を狙ったボールが出るなど、
何度もチャンスメイクをしましたが、
ボールを配給するためのタイミングを図ることができることや、視野の広さなどだけではなく

1ゴール目のシーンでもわかるように、ワンステップであの長い距離のボールを
正確に一瞬の判断で蹴ることができること、という点も「非凡」であるのです。

サッカー選手は狙ったところにボールを飛ばすことができますが、
試合の流れの中で一瞬の判断で踏み込みのみのワンステップであそこまでボールを的確に正確に出せる選手は
そう多くは存在しません。

それを何度も何度も繰り返せること。
もちろんそのワンステップにも理由があり、ボールを足元から大きく離してから2.3歩踏み込んでからボールを蹴るとすると
相手が長い脚を伸ばしてくる可能性や、昨日の試合を見ていてもわかるようにとにかく少しでもトラップミスがあると相手がするにボールを取りにきていたこともあり、
ボールから少しでも離れてしまうことで相手が寄せる・判断する時間を与えてしまうため
柴崎選手は動作を最小にして的確なボールを蹴ることを選択していたと思います。

1ゴール目の柴崎選手の長いパスもそういった柴崎選手のプレーから生まれたものでした。
ワンステップで蹴った的確なボールが裏に抜けた長友選手に入ったこと。
そこから日本のゴールは生まれました。

・自分がボールを持っていなくても、動き、その後の味方が動きやすいようにメイクする

柴崎選手は、自分がボールを持っていないときでも、自分がボールを受けられるよという動きをします。
それによって相手が警戒し、柴崎選手についていくことになるためです。

相手を引き連れていく動きをすることで、そこにスペースを生み出し
ボールの進路を生み出します。
動きながら目線や動作で あっちに出せ という指示を送っていることからもわかるように
柴崎選手は自らの動きで相手をできるだけ多く引き連れることができる選手です。

柴崎選手のその動きにより、生まれた多くのチャンスとなる場面も
昨日もコロンビア戦でも目立ちました。

・ココぞ!という時に、必ず顔を出す。

すべての前線でのプレーではなく、ココぞ!という絶対的な決定的な機会の際には
ボランチの位置から最前線に顔を出します。

大迫選手に渡ったボールはゴールには結びつきませんでしたが、
柴崎選手が出した長いボールに、酒井選手が深い位置まで全力で走り追いついたボールを必死に折り返し
そこでボールを受けたのは、相当後ろから走ってきたであろう柴崎選手。

酒井選手が追いついた場合に折り返してくる位置を予測し、すでにそこに柴崎選手がいました。
そして全速力で走り込んでいる状態で、GKとDFの間に入れる最高のクロス。

大迫選手は決めることはできませんでしたが、大きな決定機となりました。

本田選手が、相手のGKを岡崎選手が共に潰れた状態で消し、フリーでゴールしたときも、
柴崎選手は相手に当たった場合や、相手が長い脚や寄せの速さでぐしゃっとなった時の場合に備えて
すでに走り込むために全速力で走り込んでいました。

昨日の試合では、前からかなり選手が追ってくるために4バックのところにボランチの長谷部選手が
落ちる形でボールを回して安全な策をとって前にボールを、という形をとっていましたが
そこに柴崎選手が動き下がりボールを受ける場面が多く、司令塔としてそこから他の選手の動きを予測しながら
ボールを動かしメイクしていましたが、
ココぞ!というときは積極的に最前線に顔を出し、一番ゴールの可能性が高い動きをしていました。

・日本代表のテンションは、柴崎岳のメイクにあり。

昨日はゴール的には相手を追いかける展開が続きました。
1失点し、1ゴールを得て。
2失点目が決まり、追いつく形で2点目をとってのドローだった日本代表。

これまでの日本代表は、相手にリードされると時間が経てば経つほどに諦めムードのような
手詰まり感がありましたが、追いつくことのできる日本代表となったのには柴崎選手が大いに関係していると思います。

柴崎選手が何度も何度もチャンスメイクをして、上記で述べたように自らがボールを持たなくとも周りを動かしながら果敢に
手ごたえあるチャンスを作ることで、チーム全体が自信を持って攻撃に向かえること。

これまでの日本代表は強い相手を前にすると、チャンスを作り出すことすら難しい状況となっていましたが
果敢に長いボールから中盤でボールを繋ぐ、サイドを使うなど多彩なメイクをする司令塔の役割をしながら
自らのココぞという時は前線に顔を出し、と可能性を多く作り出すことでチーム全体の志気を上げ、
諦めないチームを作りだしている気がします。

それはコロンビア戦でも、同じことが起きていました。

柴崎選手は、味方の選手の能力を最大限に引き出しながら
自らも多彩な引き出しを全開にし、ボールのあるない関係なくチームの可能性を
生み出すプレーをして一番強く、輝いています。

日本代表は、柴崎岳のチームといっても過言ではないくらい
日本代表に、柴崎選手は絶対的な選手となっています。

その他にも、相手を背にしてのボールの受け方や前の向き方なども
細かい部分ですが「非凡」。
とんでもない選手が日本代表にいると胸を張って世界に叫びたいです。

強い相手とやればやるほど、柴崎選手は輝く気がします。
そう。クラブW杯を思い出しませんか。
あの時も、鹿島アントラーズが勝ち上がれば勝ち上がるほどに、柴崎選手はどんどんスーパーなプレーを魅せてくれました。
レアト・マドリードに本気スイッチを押させた柴崎選手。
あの時よりもさらに、ずっとパワーアップしていることは間違いありません。

 

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる