CHANT(チャント) マンチェスター・シティ

マンチェスター・シティ、圧倒的な強さでプレミアリーグ制覇

2018/04/19 19:18配信

武蔵

カテゴリ:コラム

現在プレミアリーグで2位につけるマンチェスター・ユナイテッドがWBAに敗れたことにより、残り5試合を残してマンチェスター・シティのリーグ制覇が決定しました。

シーズン開幕から安定した戦いぶりで勝利を積み重ねてきた今季のマンチェスター・シティ。

2位に16ポイントもの差をつける、非の打ち所がない成績で優勝を飾りました。

チーム戦術の浸透

現体制も2年目を迎え、ペップ・グアルディオラ監督の持つビジョンがチームに深く浸透してきたことが、今季のマンチェスター・シティの躍進を支えた一つの要因だと思います。

ずいぶん前から言われていることですが、グアルディオラ監督の率いるチームに加入してきた選手は、大概の場合、そのシステマチックなプレースタイルへの適応に苦しむものです。結局最後まで適応できず、戦力外になってしまった有力な選手も数知れず。

なぜそれほど適応が難しいのかというと、グアルディオラ監督の与えるタスクを完全に理解して表現できるようになるまでには膨大な時間と高いインテリジェンスを要するからです。監督としてのキャリアを通じて初の無冠に終わった昨季は、自身の思い描く戦術を選手たちに上手く落とし込むことができなかった結果と言えるかもしれません。

しかし、2年目を迎えた今季、チームはまさに成熟期を迎えました。選手たちは指揮官の意図をほぼ完璧に理解し、彼がイメージする戦術をピッチ上で見事に体現しています。ポジショナルプレーという概念が広く普及したのも、今季のマンチェスター・シティが残した大きな功績と言えるでしょう。

前人未到の勝ち点100へ

プレミアリーグの長い歴史において、これまで勝ち点100を達成したチームは一つたりともありません。

その大台に最も近づいたのが2004-05シーズンのチェルシー。モウリーニョ監督の下で、実に95まで勝ち点を伸ばしました。

これまでマンチェスター・シティが積み上げてきた勝ち点は87。残り5試合ですから、前人未到の大記録を打ち立てる可能性は充分に秘めています。リヴァプールに敗れてCL制覇の夢が潰えた今、プレミアリーグに集中する状況は整っています。マンチェスター・シティには偉業達成に向けて最後の最後まで走り抜いてほしいですね。

Good!!(0%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる