CHANT(チャント)

Jリーグ開幕カード発表!確認しておきたい2018シーズン ルヴァン杯・天皇杯の日程!

2018/01/13 14:10配信

サカログ花子

カテゴリ:コラム


1月1日にセレッソ大阪が優勝した天皇杯を終えたばかりですが、
いち早く始動した今季J1初昇格となったV・ファーレン長崎を皮切りに、多くのチームが続々と始動しています。

12日金曜日には、開幕カードが発表されました。
今年は少し発表が早まってくれたことがありがたいですよね。
全カードは24日発表と、いつもよりも1週間ほど早い発表となります。

アウェー遠征のことを考えると早めに発表してくれた方が飛行機や新幹線などおさえやすく、ホテルもおさえやすいですよね。
開幕カードが発表されると、いろいろな準備をしなくては!と開幕スイッチが入り、モチベーションも高まりますから、特別な日ですよね。
早くも飛行機をおさえたという声や、ホテルを予約したなどJサポーターのみなさんの声をツイッターでお見かけしました。

今年のJリーグ開幕は、2月23日金曜日スタートとなります。
初の金曜日開催が取り入れられるシーズンとなりますね。
今年はW杯イヤーですから、6月7月にJ1は長期中断期となり、いつも以上に日程がキツイ一年となりそうです。

・ルヴァンカップの方式

ルヴァンカップがは今年から方式が少し変わり
これまでのグループAとグループBに分ける方法ではなく、
グループを4つに分けホーム&アウェーで総当たり2回戦で戦います。

今年から大きく変わるのは、J2のチームも最大で2チーム参戦となること。
ACLへの出場チーム数で変動があり、柏レイソルがACLプレーオフにて勝ち上がることができた場合には、J2からはヴァンフォーレ甲府とアルビレックス新潟が参戦となります。
柏レイソルがACLプレーオフで敗退となり、ルヴァンカップに参戦する場合には、ヴァンフォーレ甲府のみの参戦となります。


グループの上位2チームがプレーオフへと進出し、ホーム&アウェーの勝敗によって4チームがノックアウトステージへ。
ACLに参戦する4チームとプレーオフを通過した4チームでノックアウトステージということになります。

昨年は、グループ2位と3位がプレーオフを行いましたが、今年からは1位と2位ということですね。
1位通過でもプレーオフを戦わないとノックアウトステージには進めないということです。

(ACLが3チームとなった場合には、プレーオフから5チームが勝ち上がる)

ルヴァンカップ開催日は
3月7日、3月14日
4月4日、4月18日
5月9日、5月16日

すべて水曜日となります。

プレーオフの日程は、
6月2日、6月9日です。どちらも土曜日です。

ノックアウトステージは
準々決勝が9月5日、9日
準決勝が10月10日、14日
決勝は調整中となっています。
決勝以外は水曜日と日曜日開催の連戦です。

・今年はイヴ決勝!天皇杯の方式

天皇杯は2018シーズンは決勝がクリスマス・イヴ開催と発表されました。
1回戦はシードチーム&都道府県代表チームが登場し、5月26.27日
2回戦は6月6日(水)に開催されます。J1/J2チームが登場します。
3回戦は7月11日(水)。
4回戦は8月22日(水)。
準々決勝は10月24日(水)に行われ、準決勝は12月16日(日)。
そしてクリスマス・イヴとなる12月24日(祝日振替)に決勝が行われます。

こう見てみると、水曜日に開催されるカップ戦が多いですね。
W杯開催期間中にJ1がストップしますが、J2やJ3はストップしません。
今年は金曜日開催というJリーグも入ってくるようですし、平日開催の試合が多くなりそうですね。

平日だから客が入らないという懸念がありますが、平日でもお客が入る運営をしなくてはなりません。
平日だからといっても平日に試合がない年はありませんから、平日をマイナスとするのではなくプラスにできる試合運営に工夫が求められますね。
リーグにルヴァンに天皇杯。今年は週末に平日に忙しい年となりそうです!

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる