CHANT(チャント)

韓国相手に歴史的大敗…選手に問いたい“戦う姿勢”

2017/12/18 19:14配信

武蔵

カテゴリ:コラム

いつぶりだろうか、試合終了を待たずにテレビを消してしまったのは。

16日に行われたE-1選手権の韓国戦のことである。

日本代表は小林のPKで幸先良く先制したものの、その後は韓国に押し込まれる展開が続き、蓋を開けてみれば1-4の逆転負け。

E-1選手権優勝を逃すどころか、韓国相手に歴史的惨敗を喫してしまった。

ロシアW杯への切符を懸けたテストマッチとして位置付けられていた本大会。

大会を通して見れば、メンバー入りできそうな選手はいたかもしれない。しかし、W杯で“戦える”選手が一体どれだけいただろうか。

日本代表に欠けていた“戦う姿勢”

確かに選手個人のレベルは韓国の方が高かった。国内組で編成された日本代表に対し、韓国代表は海外組も含めた、よりトップチームに近いメンバーだったのは事実だ。しかし、この日の両チームの差は、プレーのクオリティに求められるべきではないと思う。

韓国にあって日本に足りなかったもの、それは“戦う姿勢”ではないだろうか。試合開始早々、先制して優位に立ったはずの日本代表だったが、その後はどこか消極的なプレーが続いた。

ディフェンスラインは低く設定され、チーム全体が間延びし、チームコンセプトであるはずの前線からの連動したプレスはほとんど見られなかった。ボールホルダーへのチェックも常に1テンポ2テンポ遅れ、球際でのデュエルにことごとく敗北。

簡単に自陣バイタルエリアへの侵入を許してしまう。また、ボールを奪った後もリスクを負って局面を打開しようとするプレーはほとんどなく、誰もがリスクを恐れたような無難なプレーに終始。

1試合を通して、韓国の守備陣を慌てさせるようなシーンは数えるほどしか無かった。

この日、キャプテンを務めた昌子は試合後、次のように語っている。

「監督も『プレーするのを怖がっている』と言っていましたが、そう取られても仕方がない」

まさにこの通りではないだろうか。闘争心を剥き出しにして向かってくる韓国代表に対して、日本の選手達はリスクを恐れて常に責任逃れのプレーを選択し続けた。日本代表は戦って敗れたのではない。戦わずして敗れたのだ。

W杯本大会では“戦える”代表を

今回このような結果に終わってしまったのは非常に残念だが、立ち止まっている時間はない。

無理矢理にでもW杯に向けて頭を切り替えていくしかないのだ。今回の惨敗を通して、選手達も世界の舞台で勝負することの厳しさを痛感したはず。ましてやW杯本大会では日本より格上の国々が死に物狂いで向かってくる。

そんな厳しい環境の中で日本代表がどれだけ戦えるか。せめて今回の韓国戦のような試合だけは願い下げたい。

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる