CHANT(チャント) 日本代表

ハリルJAPAN、E-1選手権初戦を劇的勝利で飾るも…

2017/12/11 19:50配信

武蔵

カテゴリ:コラム

ロシアW杯への切符をかけたサバイバルレースが佳境を迎えている。

日本、韓国、中国、北朝鮮の東アジア4カ国で行われるE-1選手権が開幕したのだ。

翌年6月に控える本大会に向けて、選手たちに残されたアピールの機会は決して多くない。

特に国内組のみで編成されたチームで臨む今大会は、

これまで招集されることのなかった国内組の選手たちがアピールできる最後のチャンスと言っても良いだろう。

そんなE-1選手権初戦、北朝鮮との一戦が9日に行われた。

格下である北朝鮮に対し、終始ボールを支配するも、なかなかシュートチャンスを作り出せない日本代表。

それどころか、北朝鮮にシンプルなロングボールから数回決定機を作り出されるなど、思わぬ苦戦を強いられることとなった。

しかし、スコアレスドローで迎えた後半アディショナルタイム、このまま試合終了かと思われたが、今野のヘディングでの落としを井手口がゴールへ叩き込み1-0。

スタメン定着を目指す若武者の劇的な決勝弾で、辛くも勝利を手にした。

チームとしての“ぎこちなさ”

白星発進を飾ったとはいえ、サポーターのほとんどが消化不良に終わったはずだ。

W杯に向けたサバイバルの場としては、あまりに収穫の乏しいゲームだったのは否定できない。

その中でも、私が気になったのは連携面の“ぎこちなさ”だ。仕方ないといえば、仕方ないのかもしれない。

今回招集された選手のほとんどが同じチームでプレーした経験のない、いわば急造チーム。

当然、ゲームの中でイメージが合わない部分も出てくるだろう。

しかし、そうした連携面での不一致はハリルホジッチとしても想定内だったはずだ。

むしろ指揮官が求めていたのは、そうした不安定な環境の中でも“チームの軸”になり、

周りの選手を引っ張っていけるような人材なのではないだろうか。

北朝鮮との試合を観ていると、各選手の周囲への働きかけがあまりにも少ないように感じた。

「どこでボールが欲しいのか」「どこに動いて欲しいのか」そうした声かけを積極的に行える選手が今の代表には足りない気がする。

ハリルホジッチ自身も以前から日本人のコミュニケーション能力には不満を述べているが、これから本大会のメンバーに食い込んでいくためには、最低限の個人能力を備えているだけではなく、自分から周りの選手に働きかけてチームをより良い方向に導いていくような能力が求められているのかもしれない。
残りの中国戦と韓国戦でハリルホジッチ監督を納得させるような選手は出てくるのか。選手たちには、今回の思わぬ苦戦を発奮材料に、自分たちのプレーを遺憾なく発揮してほしいと思う。

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる