CHANT(チャント)

本当に華やかだったJリーグアウォーズ♪スマホの光の演出はこれからもっと流行りそう♪

2017/12/06 17:19配信

スズキ ケイコ

カテゴリ:コラム


Jリーグアウォーズが今年も行われましたね。
リーグの終わりとなるJリーグアウォーズが終わると、今季も終わったんだと寂しくなるものですが
今年は特に華々しいアウォーズだったなと感じます。

今年はダゾーンになってから初のJリーグアウォーズでしたね。
これまでと真っ先に違う!と思ったことは、司会進行の女性が加藤綾子さんになってたこと!
カトパンですよ。お金かかってる(;゜Д゜)と思いません?(笑)
超一級の女子アナ様がJリーグアウォーズの進行に!と感じました。

ツイッターでの配信は年々増えていますが、今年はより充実していたように感じますね。
普段はあまり見ることのできない他チームの選手同士のふれあいが見えたり、
選手のオフショット的な裏側が見られるのは良かったですよね♪

アウォーズの進行とは別に裏では選手たちを呼んでインタビューしたりとかそういった裏番組をやっていたのも
ダゾーンならでは♪という感じで新しい試みでした。

そして会場。
MVPがセンターステージまで歩いていき、サプライズでご家族が登場するという演出も良かったですね♪
アウォーズは過去は奥様同伴で出席するという場でもありましたが、最近では奥様同伴のパーティー形式ではなくなりましたよね。
小林悠選手の素敵な奥様とお子様が登場したのは、感動が起こり盛り上がりにも繋がりました。
センターステージが設置されたことも、特別な感じで、そしてより会場中が選手たちを身近に観られるような形態で
良かったのではないかと感じました。

終盤、スマートフォンやガラケーのライトを使った演出がありましたよね。
あの光はなんだろう?サイリウム的な?と思いましたが、スマートフォンのライトでしたね!
近年、携帯電話のライトを使った演出が多くなったと感じます。
ライブ会場で使われることもあるそうですし、Jリーグのスタジアムでもチームカラーのセロファンをライトに被せて
点灯させるなんて演出も行われていたりしますね。

今ではアプリで画面の色を自在に変えられるものもあって、それを使ってチームカラーにして演出することも可能かもしれませんね。
会場全員分のサイリウムやペンライト的なものを用意するのは大変ですが、携帯電話はほとんどの人が今は持っていますから
ライト機能を使うことで、光による演出が簡単に行うことができますね。

これからどんどんそういった演出が増えていくのではと感じました。
多くの人が集まるサッカーの場だからこそ、一人の光ではそこまで明るくはないかもしれませんが
全員で照らすことでたくさんの光となりイルミネーションのようになりますもんね。

応援も同じですね。
一人の声はそこまで大きくないかもしれませんが、たくさんの人たちで声を出せば
それは大きな声となって届きます。

2017 Jリーグが終了しました。
優勝は川崎フロンターレ。念願の初タイトルですね。おめでとうございます!

思えば。
今季もまた始まるんだとソワソワしながらワクワクしながら
開幕戦のスタジアムに向かう電車に乗って、今季はどんなシーズンになるだろうと思い溢れていた
2月の下旬のことが、つい先日のことのように感じます。


Jリーグ!また来年!ですね♪
みなさんは今季どんなシーズンでしたか??

では、また♪

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる