CHANT(チャント)

本当は見てみたい!Jリーグの監督として指揮をしてほしいS級ライセンスを持った方たち!

2017/12/05 12:42配信

スズキ ケイコ

カテゴリ:コラム


監督の途中解任や退任などもあり、知名度のある監督たち含めその動向が注目されていますよね。
来季に向け、すでに発表になったチームもありますが、気になるのは
Jリーグの中で監督がローテーションのように回っている、ということ。

これはJリーグに限ったことではないのですが、結果を出した監督や経験のある監督に
チームを任せたいというのは確かに理解できることなのですが、新しいエッセンスを日本サッカーに落とし込める指導者も必要なのではないかと
感じたりするわけです。

Jリーグの監督はS級ライセンスを取得している人のみ、監督を務めることができますが
なんと日本には現在S級ライセンスを取得した人は450人以上います。
Jのクラブは年々増えているもののその中で監督をしているのは54人ということになります。

もちろんS級ライセンスはJリーグのクラブの監督がすべてではありませんが。
それでも同じ監督だけで回っていくのはS級ライセンス取得者たちにとって夢がありませんよね。

本当にJリーグの監督経験のある人たちだけで回っていく世界なのか。
経験はなくとも、結果を出せる可能性のある監督はたくさんいるのではないかと考えたことがありませんか?

・S級ライセンスって取得するのが大変!

S級ライセンスは、誰でも取得できる資格ではありません。
公認A級ライセンスを取得している人の中でも、A級の養成講習会の成績優秀者であり
なおかつ競技者または指導者としての実績を日本サッカー協会の技術委員が認めた人だけが講習を受けることが許可されます。

前期・中期・後期の3期で講習会に出席し、さらに指導実践試験が4日間。
さらにはインターンシップとして海外プログラムで2週間以上、国内Jリーグクラブで1週間以上の実地研修があり
レポートの提出も。

1年の周期の中でS級講習会に出席し、行わなくてはならないことが多いため
短期集中で行われているとはいえ、チームを離れなくてはならないため
出席するだけでも大変なライセンスといってよいでしょう。
平日に行われている場合がほとんどですし、現在指導しているチーム等の協力と理解がなければ
なかなか取得はできません。

費用は30万円前後がかかるといわれており、交通費や宿泊費は別途自己負担です。
地方の場合はかなりお金がかかりますね。

・現在のS級ライセンス取得者の中でみてみたい!監督候補

福西崇史氏

NHKのサッカー解説者の中でも、その解説内容が非常に勉強になるなと感じる福西氏。
日本代表としてW杯に2大会出場し、ジュビロ磐田の黄金時代に欠かせないボランチとしてプレーした
日本が生んだトップ選手の一人です。

プロになってからボランチにコンバートされた福西氏ですが、元々はFWの選手で
FWの選手だったこともありゴールを決めるボランチというイメージが強かったです。

解説を聞いてても、あたりまえながら非常に多彩な視点でサッカーをみて知っている方だと感じますし
厳しい視点で指摘したりと福西氏が監督になったとしたらどんな監督になるんだろうかと興味があります。

世界をW杯という舞台で体感してきた方でもありますし、期待感があります。
そして年齢もまだ若いので選手たちとの年齢も近く、選手のメンタリティの部分に理解があるのではと思います。

戸田和幸氏

こちらも日本代表のボランチとしてW杯に出場した経験のある戸田氏。
同じくサッカー解説者として適格かつ発見を与えてくれる解説は非常に人気が高く、
ボランチというポジションであったこともあり、サッカー全体の視点がさすがだなと感じさせてくれますよね。

海外でプレーした経験もあるだけに、海外の指導者にも直接触れて感じてプレーしてきた経験を持っているのは
日本サッカーにあってないものを経験してきたのだろうと思いますし、
名プレイヤーが名監督として成功するわけではありませんが、戸田氏の創るチームをみてみたい!と思います。


みなさんは、まだJリーグで監督をしたことがないS級ライセンスを持っている指導者の方ってどなたかいらっしゃいますか??
同じような監督でローテーションではなく、新たな光る指導者たちの可能性もみてみたいですよね!

では、また♪

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる