CHANT(チャント)

J2リーグ終了!プレーオフ圏内の戦いは本当に熱かった!!

2017/11/20 20:22配信

サカログ花子

カテゴリ:コラム


J2のリーグ日程がすべて終了しました。
残るJ1昇格枠は1。
その昇格枠を懸け戦うプレーオフへと進出するチームが、最終節で決定しました。

最終節までは、3位アビスパ福岡、4位名古屋グランパス、5位徳島ヴォルティス、6位東京ヴェルディ、
7位松本山雅、8位ジェフ千葉 という順位で8位の千葉までがプレーオフ圏内となる可能性がありました。

アビスパ福岡と名古屋グランパスはプレーオフへの出場が決定していましたが、順位確定は最終節まで縺れましたね。
結果的に、アビスパ福岡はファジアーノ岡山に引き分けドロー
名古屋グランパスはカマタアーレ讃岐に勝利したことで、順位が入れ替わり
3位名古屋グランパス、4位アビスパ福岡という最終順位となりました。

徳島と東京Vは直接対決。
東京Vが先制したものの、徳島が追いつき1-1のまま試合が進みました。
場合によっては両者ドローでもお互いプレーオフに進出する可能性もあり、試合に行方に注目が集まりましたが、
試合終盤、東京Vが試合を決定付ける勝ち越しゴールを決めます。

7位松本山雅は、京都にリードされたまま試合が続き、そのまま試合が終了。
8位ジェフ千葉は、横浜FCと対戦し、試合早々オウンゴールで相手に先制点を与えてしまいます。
その後追いつきますが、そのまま試合が続き緊張が走ります。

おそらくこういった試合の試合経過も各チームに届いていたことでしょう。

そして、東京Vが試合終了しプレーオフ進出が決定すると、
ジェフ千葉がATに決勝ゴールを決めます。
8位の位置から一番可能性が低かったジェフ千葉が、最後の最後で。そしてリーグ終盤の上位陣を倒して重ねた勝ち点をもって
プレーオフ進出を決めました。

これにより、

3位名古屋グランパス×6位ジェフ千葉
4位アビスパ福岡×5位東京ヴェルディ

というプレーオフ準決勝となります。

最後の最後までドラマが待っていたJ2上位陣の結果。
リーグ優勝そしてJ1昇格をいち早く決めた湘南ベルマーレは、昇格決定後難しい試合が続きましたが、
2位で初のJ1昇格を果たしたV・ファーレン長崎は4得点を得て最終節も快勝。

J1への残り1枠をかけた戦いは、日曜日からスタートします!

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる