CHANT(チャント)

J2最終戦は今週末!残り1枠をかけるプレーオフ進出への戦い!

2017/11/16 19:05配信

サカログ花子

カテゴリ:コラム

今週で最終節を迎えるJ2。
湘南ベルマーレの優勝&昇格が決まり、先日はV・ファーレン長崎の初のJ1昇格が決まりました。
これで自動昇格圏は決定。

残るは1枠。
プレーオフ圏の順位の決定が最終節まで縺れこみました。

今季は非常に勝ち点差が密集した状態で進んだリーグでした。
一時はアビスパ福岡が2位の位置で抜け出したかのように思いましたが、
アビスパ福岡は長崎に逆転を許し、勝ち点73で現在3位。
1差で追うのは1年でのJ1復帰を目指す、名古屋グランパス。
この3.4位のチームはプレーオフ圏内が決定し、3.4位の枠を最終戦で争うような形です。
3.4位どちらも、プレーオフ準決勝ではホームで戦うことができますが、決勝に勝ち進んだ場合ホームで行えるのは
順位が上のチームなのでやはり3位という最上位を獲得したいはず。

5位の徳島ヴォルティスと6位の東京ヴェルディは勝ち点67で並び、さらに最終節はこの2チームが直接激突します。
どちらのチームも勝ち点1以上を挙げると68で並ぶことになり引き分け狙いとなるのでは?と、感じているサポーターの声も目にしますが、
7位に位置する松本山雅が勝ち点3を重ねると69まで伸ばすので、勝ち点68ではどちらかが脱落することになります。
なので、確実に勝敗を付けるよいうな負けられない戦いになることは必至。

終盤、力を感じさせている8位ジェフ千葉にも可能性があり、
徳島×東京Vで勝敗が付き、なおかつ松本山雅が勝ち点を伸ばせないまたはドローの場合は
プレーオフ圏内に滑り込む可能性も考えられます。

7位の松本山雅は京都サンガと、8位のジェフ千葉は横浜FCと対戦します。

最後の最後までわからない残り1枠のJ1昇格枠。
まずはプレーオフへの出場権をかけて、最終戦でデットヒートを繰り広げることになります!

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる