CHANT(チャント) 日本代表

【日本代表】キリンチャレンジカップの招集メンバーから見るハリルの意図

2017/10/05 19:29配信

武蔵

カテゴリ:コラム

9月28日、キリンチャレンジカップのニュージーランド戦、ハイチ戦に臨む日本代表メンバーが発表された。招集メンバーは以下の通りだ。

GK
川島永嗣/メス(フランス)
東口順昭/ガンバ大阪
中村航輔/柏レイソル

DF
酒井宏樹/マルセイユ(フランス)
酒井高徳/ハンブルガーSV(ドイツ)
長友佑都/インテル(イタリア)
車屋紳太郎/川崎フロンターレ
吉田麻也/サウサンプトン(イングランド)
昌子源/鹿島アントラーズ
槙野智章/浦和レッズ
植田直通/鹿島アントラーズ

MF
山口蛍/セレッソ大阪
井手口陽介/ガンバ大阪
遠藤航/浦和レッズ
香川真司/ドルトムント(ドイツ)
倉田秋/ガンバ大阪
小林祐希/ヘーレンフェーン(オランダ)


FW
久保裕也/ヘント(ベルギー)
浅野拓磨/シュトゥットガルト(ドイツ)
乾貴士/エイバル(スペイン)
原口元気/ヘルタ・ベルリン(ドイツ)
大迫勇也/ケルン(ドイツ)
杉本健勇/セレッソ大阪
武藤嘉紀/マインツ(ドイツ)

「ずいぶん手堅いメンバーで来たな」というのが率直な印象だ。格下チームとのテストマッチということで、新しい戦力を積極的に招集するのではないかと予想されていただけに、今回の招集メンバーを聞いて拍子抜けしたという人も多いのではないだろうか。

本田、長谷部、岡崎など、一部メンバーの招集は見送られたものの、そのほとんどが代表常連組。唯一サプライズ感のある車屋も、ハリルが以前から関心を寄せていたことを考えれば、想定外とまでは言えないだろう。なぜハリルは絶好のテストの場でこのメンバーをリストアップしたのだろうか。

現有戦力の確認

「今回の合宿では、今まであまり出番のなかった選手たちに出場機会を与えたい」

ハリルホジッチが会見で明かしたように、今回の親善試合の目的の1つは現有戦力の確認と見て良い。

これまで代表に招集されながらも充分に出場機会を与えられてこなかった選手(具体的には東口、中村、植田、小林、杉本、武藤など)が、

実際にどれほどプレーできるのか確認したかったというのがハリルホジッチの意図だろう。

特にバックラインのバックアップメンバーの確認は必須だ。現時点でのスタメンは吉田、昌子、酒井宏、長友の4人で当確だが、控えに関しては酒井高と槙野を除いて満足に代表でプレーできていないのが現状。スタメン組の負傷も考慮に入れて、少しでも計算の立つ選手をベンチに置いておきたいなら、今回のキリンチャレンジカップでぜひ確認しておきたい。

Good!!(0%) Bad!!(0%)

植田を出して欲しい

名無しさん  Good!!1 イエローカード0 2017/10/05|21:01 返信

この記事も読んでみる