CHANT(チャント) 浦和レッズ

浦和レッズ本日ACL準決勝!強敵・上海上港と1stレグ!鍵はアウェーゴールか

2017/09/27 09:28配信

サカログ花子

カテゴリ:コラム


本日、浦和レッズが9年ぶりのACL準決勝に挑みます。
ACLはこの準決勝までが同エリア。
東アジアとしてのナンバー1を決める形で、中東勢ナンバー1と決勝で対決する仕組みとなっています。

相手は、上海上港。
グループリーグでも同グループだったチーム同士の対戦となります。
そう考えると、グループリーグもいかに熾烈だったかということが改めてわかりますよね。
死のグループともいわれていたグループリーグで勝ち上がった上海上港と浦和レッズ。

グループリーグでは
上海ホームの試合では2-3、浦和ホームの試合では1-0というスコアで
1勝1敗という結果でした。

準決勝、本日行われる1stレグは上海ホーム。
なんといっても強力なブラジル人トリオが危険です。
日本でもなじみあるブラジル代表フッキ、チェルシーでプレーしていたオスカルに、中国でのプレーも長くなってきたエウケソン。
この3人が織りなす上海のサッカーは今や広州恒大よりも強力となっています。

グループリーグで対戦した際も、その3選手について別次元だったと浦和の選手たちがコメントしていたように
警戒に警戒を強めることが必要があります。

この準決勝を勝ち上がるために、まず第一の目標として「負けないこと」が目標となってくるかなと思います。
もちろん勝利が好ましいですがとにかくドローでもよいので負けないこと。
ホームが後にあるのでホームで試合を決められるような試合を今日残してくることが大切です。

もうひとつのカギはアウェーゴールです。
アウェーゴールはこのホーム&アウェー方式では大きな意味を持ちますから、
アウェーゴールを獲るということも大切になりますね。

実際、川崎フロンターレとの準々決勝ではアウェーで1-3と敗戦ながらも
1を獲っていたことが結果的に勝ち上がることに繋がりました。
1-3の試合を経て、ホームではアウェーゴールを決められるという0-1の展開から
追い上げ4点を獲得し、5-4というトータルスコアで劇的勝利となりました。

今季は主にディフェンスに不安定さが出てチームに不調の波が押し寄せ
監督交代を経て、リーグでも決して調子が良いとはいえない試合を続けてきていますが
ACLでの戦いでは興奮極まる試合を魅せた浦和レッズ。

現在狙える唯一のタイトルは、アジア制覇。
ここに全神経を懸けることにクラブとしてシフトしている気がします。

ペドロヴィッチ監督の姿も背負って、浦和レッズはアジアの頂点を目指し挑みます!

キックオフは日本時間21時です。
ホームでの準決勝は10月18日。
まずはホームにつなげましょう!


 

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる