CHANT(チャント)

【RKU】 総理大臣杯初戦、勝利!90分だけが戦いではないという覚悟と状況への順応。 【大学サッカー】

2017/09/04 23:44配信

CHANT編集部

カテゴリ:コラム

9月4日

総理大臣杯2回戦 vs関西大学

2-0


総理大臣杯2回戦。
流通経済大学にとって、2大会ぶりの総理大臣杯 初戦。

対する相手は、地元開催である関西大学。
キンチョウスタジアムで15時30分キックオフとなった。

初戦というのは、どんな大会でも難しいというのがfootballであるが、
チームとしてこの試合が難しくなることは、理解した上で挑んだ試合だった。
初戦であることもあるが、今チームとして上向きの状態であるとはいえ、
時間を重ねるごとにうまくいくようになると先行きを見つめながらも、まずは「時間を重ねなくては」と時間を必要としていただけに、試合は堅い展開となった。

「自信がある・ないとは別で、かなり堅くなってしまっていた部分はある」
と試合後、多くの選手たちが口にしたように、試合は重く堅く進んだ。

だが、その時間を中野監督は
「堅い時間が続きながらも焦ることなく、0-0の試合をしようとしていた選手たちを褒めたい」
と振り返る。

得点が入らない時間が長く続く中で、「0-0であっても自分たちにはPKがあると思っていた。PKは運ではなく実力だと思っているし、自分たちはPKの練習をしてきているという自信を持っている。
PKになっても勝負。そこまで戦うことができると思いながらやっていた」と話したのは先制点を決めた 渡邉新太(4年)だ。
90分で試合が決まらなくても良いという覚悟を持って、戦っていた。

試合前日に中野監督は
「耐える時間に耐えることができると、その先が開くはず」と語ったが、中野監督が見通していた通り、堅い時間が続きながらも焦らず
0-0の覚悟を持って試合を進める中で、ついに得点が生まれた。

58分にジャーメイン良(4年)が投入されると、前線の連動が多彩となり、攻撃に迫力が生まれると
70分には負傷から復帰したばかりのキャプテン石田和希(4年)がピッチへ。
チームの精神的柱が入ったことで活性化が伝わる。

「一度、バーに当てたあの1本が入っていればという試合にはしたくなかった。
あのシュートを決められなかったので、絶対に決めなきゃいけないと思っていた」と振り返った渡邉新太。
後半開始早々、ゴール前で受け放ったシュートがクロスバーに直撃。決めたい決定機だっただけに
決められなかったという想いが、先制点に繋がったと話す。

得点を奪った79分からは、1-0で勝利するための試合を展開することにシフト。
1-0で勝てるチームというのが、ひとつの目指すチームの戦い方である今季チームであることもあり、1-0で試合を締めることに集中する。

90分を迎える頃に示されたATは、6分と長いものだったが
89分交代で入った宮内雄希(4年)が、空中戦ですべて競り勝ち、チームの勝利へ向け貢献すると、
残り時間僅かとなった中、前線で相手の数が少ない中、ボールを持ったジャーメイン良に
大きな声で呼びかけボールを求め、ジャーメイン良がボールを出した先は、立花歩夢(4年)。
思い切り振り切ったシュートは豪快にネットを揺らし、追加点となると同時に、試合終了のホイッスルが鳴った。

2-0。
スコア的に見ると、完勝したように見えるかもしれないが
本当に堅く耐えながら、状況によって対応しながら手にした、「時間を重ねながら」チームとして答えを出し得た、大きな大きな勝利となった。


試合前日、「アクシデントがなければ良いんですが」と話していた中野監督。
この試合で前半41分にDF本村武揚(2年)が負傷交代となるなど、アクシデントが多くの場面で起きたと振り返った中野監督だが、
「試合というのはアクシデントが付き物で、アクシデントが起きてしまったときにどう対応するかであったり、受け止めるか。今日は選手たちがよく状況やアクシデントも含めて受け止めて、焦らず戦いを進めたと思います」と
語り、「少し大人になったなと感じさせてくれる戦いでしたね」とチームの成長を口にした。

「守備に関してはうまくいかない時期もあったけど、今はしっかりやれている。
今日の失点0は次への自信になる」と話したのは、GKオビ・パウエルオビンナ(2年)。

この勝利が大きなものであることを全員が理解しているからこそ噛み締め、勝利を喜んだ流通経済大学。
歓びをスタンドで応援する部員たちと共有すると、すぐに次の戦いを見据え再び挑戦の目となった。

次の戦いは、2日後の9月6日。J-GREENにて18:00キックオフ。
順天堂大学を破った 東海学園大学との戦いとなった。

「まずはひとつ」と初戦を迎えた流通経済大学は、大きな意味を持つひとつの勝利を自信に
次の戦いに挑む―。

(Writing 飯守友子/Photo 遠山ヤスコ)

Good!!(80%) Bad!!(20%)

本村武揚って2年じゃない?

名無しさん  Good!!1 イエローカード0 2017/09/05|15:44 返信

大変申し訳ございません。訂正させていただきました。ご指摘いただきありがとうございました。

CHANT編集部   Good!!0 イエローカード0 2017/09/06|12:00

この記事も読んでみる