CHANT(チャント)

今週のJ1リーグ <6/17.18 第15節> 注目はACL組の勝ち点

2017/06/17 09:25配信

サカログ花子

カテゴリ:コラム


今週末から、日本代表活動ウィークを経て、J1が再開します。
今週から夏場の試合となるJ1はそのほとんどがナイター開催試合。
いよいよ夏のリーグ突入!という感じですね。

現在、J1ではACL組が1試合少ない状況で進んでいます。
その中で、現在の1位は柏レイソル。
今日は14位ヴァンフォーレ甲府とアウェイで対決です。

2位を走るセレッソ大阪は、13位清水エスパルスとの対戦です。

今節のキーポイントはACL組の戦いではないでしょうか。

ヴィッセル神戸×ガンバ大阪
鹿島アントラーズ×コンサドーレ札幌
浦和レッズ×ジュビロ磐田
川崎フロンターレ×サンフレッチェ広島

特に、ガンバ大阪は現在の順位も3位、仮に未消化の1試合の勝ち点が+3だとすると2位につけている可能性があるだけに、
未消化分を解消するまでに1つも落としたくなはいという状況でしょう。

その他、鹿島や浦和、川崎と1試合+3を考えるといずれも上位競争に加わることができるため
勝ち点を落としたくないところです。

しかし、このACL組の未消化試合は相互でぶつかることとなるため、この4チームの中から勝ち点+3を得られるのは2チームということになります。


今季、どこの順位予想を見ても、去年末に世界的な印象を残した鹿島アントラーズと
常にリーグを引っ張る存在であり昨季は優勝こそ逃したもののクラブ史上最高となる勝ち点を積み上げて年間首位となった浦和レッズの印象強く
この2チームで優勝争いをすることとなるという予想をした人たちが多かったですが
鹿島は現在5位。そして浦和は現在6位。

まだまだリーグは長いものの、柏レイソルとセレッソ大阪が上位に位置するとはなかなか予想できなかったことですよね。
これからが楽しみです!

Good!!(100%) Bad!!(0%)

この記事も読んでみる