CHANT(チャント)

【Jリーグ】2017シーズン開幕直前アンケートの結果を発表!

2017/02/17 20:28配信

CHANT運営局

カテゴリ:コラム


さて、Jリーグももうすぐ2017年シーズンが開幕します。

DAZNとの契約による賞金の大幅増加や、1シーズン制の復活。
そして、中村俊輔、大久保嘉人の移籍。清武弘嗣の復帰など、有名選手の移籍も多く、例年以上に期待感のあるシーズンではないかと思います。

そこでCHANTでは、今シーズンの開幕を直前に控えて、サポーターの皆さまにアンケートを実施しました。
今年の優勝、残留争いの予想から、得点王争いをしそうな選手まで。

皆さんの予想はどのような結果になったのでしょうか!?
それでは、さっそく見ていきましょう!

優勝争いをしそうなクラブは?


選択肢が1つだと、自分が好きなクラブを選んでしまうため、上位3クラブを選択する形式を取りました。
すると…、結果はこちら!





見事トップは、鹿島アントラーズ。
レオ・シルバや、ペドロ・ジュニオールを獲得するなど、最強ともいえる補強を進めた鹿島。
チームの柱であった柴崎岳が抜けた穴も感じさせない補強が、見事トップという結果に繋がりました。
レアル・マドリードと繰り広げた熱戦が、まだまだ皆さんの脳裏に焼き付いているかもしれません。

そして2位が、昨年の最多勝点を重ねたにも関わらず、鹿島にまんまと優勝をさらわれてしまった浦和レッズ。
昨年は、1シーズン制であれば文句なしの優勝でしたので、良い成績を収めたとはいえ後味の悪かったシーズンとなったのではないでしょうか。
その後のクラブワールドカップで鹿島が奮闘したことも、浦和レッズにとってだけは心から喜べなかったはず。
例年に比べると移籍市場を賑わすことが少なかったですが、それも充実の戦力が整っている証拠。
今シーズンこそ、文句のない優勝を目指すことでしょう。

この2クラブが3位以下に圧倒的な差をつけており、この2クラブの争いに特に注目が集まりそうですね!



そして、3位に食い込んだのが、凄まじい補強を行ったFC東京。
毎年、積極的な補強をしながらも中位に甘んじる印象が強いFC東京ですが、今年は今までにないほどの補強を敢行。
大久保嘉人に林彰洋、高萩洋次郎、永井謙佑、太田宏介の復帰など。歴代最強ともいえる布陣となりました。
これには、さすがに期待が集中したようです。

そして、FC東京と僅差で4位が、強豪ガンバ大阪です。
こちらも、補強という点ではあまり目立ちませんでしたが、クラブに流れる強豪の遺伝子。
補強などという一時的な盛り上がりではなく、長年の実績が多くのファンに刷り込まれているということでしょうか。



さて、このように前評判では、この4クラブが抜きん出ているという印象です。
5位以下は、風間監督、大久保嘉人が抜けたことの影響が強いためか、川崎フロンターレが振るわず。
そして、清武弘嗣が電撃復帰して期待が高まるセレッソも票が伸び悩んで6位となっています。

そして何より、昨シーズンの2ndステージで優勝争いをし、ポドルスキの獲得など積極的な補強を進めているヴィッセル神戸の予想がいまいち振るわないのは、クラブとしては見返してやりたいところですね。



残留争いをしそうなクラブは?


こちらは、あまり前向きなアンケートではありませんが、現実と向き合うことも大切です。
優勝争いの反対側。
残留争いに巻き込まれそうなクラブも合わせてアンケートを募っています。

結果は、こちら。



1位は、ヴァンフォーレ甲府。
充実とはいえない戦力の中、2013年以降4シーズン連続で残留を果たしている甲府が、昇格組を抑えてまさかの1位。
ここは、クラブとして意地を見せたいところです。

そして2位が、J2昇格組の中でも最も厳しいと予想されることが多いコンサドーレ札幌です。
こちらは、昇格組であるため仕方のない順位ではありますが、エース都倉や稲本・小野コンビの久しぶりのJ1復帰という話題に溢れていますので、この流れに乗ってぜひ残留を果たして頂きたいところです。

3位は、昨シーズンでギリギリ降格を免れたアルビレックス新潟です。
2004年からJ1に昇格してから、一度も降格していないアルビレックスですが、昨シーズンの土壇場での残留に加えて、ラファエル・シルバ、レオ・シルバのダブル流出が大きく響いた結果でしょうか。
全盛期と比べると観客動員数も大きく落ち込んでいる中、今シーズンをどう乗り切るかが非常に重要なシーズンになりそうですね。

得点王争いをしそうな選手は誰!?


さて、今度は個人部門。
今シーズンで、得点王争いをしそうな選手のアンケートです。

昨シーズンは、得点王が19ゴールでレアンドロとピーター・ウタカが同率となるなど、際立った印象があまりなかったランキングとなりました。
今年の得点王争いは、どのようになりそうでしょうか?

結果は、このようになりました!



こちらは、貫禄の大久保嘉人!

今年35歳を迎えるシーズンにも関わらず、ダントツの1位です。
本人も得点王を宣言していることからも、4回目の得点王に期待がかかってしまいますね。
今年36歳になるイブラヒモビッチがマンチェスター・ユナイテッドで大活躍をしているように、今の時代は35歳という年齢は何のネックにもならないのかもしれません。
ぜひ、活躍に期待しましょう!

2位以下は、ガンバ大阪にいよいよ完全にフィットし、そのポテンシャルを発揮しつつあるアデミウソン。
そして、昨シーズン得点王のレアンドロが続きます。

3位には、アルビレックスに新加入したホニが、期待を込められてランクイン。
不思議なほどブラジル人選手がフィットする新潟が補強した選手ですから、活躍しそうな臭いがプンプンしますね。
ぜひ、新潟を残留へと導いてほしいと思います。



今シーズンのJリーグに期待しますか?


さて、最後の質問です。

待ちに待った1シーズン制の復活。
数々の有名選手の移籍劇。
DAZNマネーによる、賞金急増。
鹿島アントラーズが繰り広げた、レアル・マドリードとの熱戦。

今年のJリーグは、かつてないほど世間の注目も集まっているように感じています。
筆者自体も、今年のJリーグの盛り上がりに、とても期待しています!

そんな形で、皆さんにも今年のリーグ全体の期待度について、伺ってみました!

「ズバリ、今年のJリーグの盛り上がりに期待をしていますか!?」

結果は、こちら!





見事、全体の75%以上もの人が、期待しているという結果に!
「期待していない」と答えた人は、わずは10%にも満たないです。

世間はともかく、少なくともJリーグのファンたちは、今シーズンは特に楽しみにしているみたいですね!!



そんなわけで今年のJリーグも、あと1週間で開幕します。
「見に行くのが寒い」なんて、言ってられません!

ぜひ開幕試合から全速力で、今シーズンを楽しみ尽くしましょう!





Good!!(83%) Bad!!(16%)

鹿島

名無しさん  Good!!0 イエローカード0 2017/02/17|21:42 返信

鹿島より浦和だろ!!

名無しさん  Good!!0 イエローカード1 2017/02/17|20:52 返信

この記事も読んでみる